FC2ブログ

芝浦ブログ

ソシャゲ・コンシューマーのレビューを中心に活動しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第151話」鮫島、最後の十五日「ネタバレ」

先々週の感想「夫婦喧嘩、やはり今の鮫島を止められるわけがない・・・やはり無茶だったか」
先週の感想「親方の「どうすんだ」が出る前に泡影と同じ?四股を見て言うのを止めた!マジかよ!」
「仁王でも止められないとなると本当に誰も止められないだろこれは・・・」
「さらに王虎がかつて虎城親方が全盛期の頃に言ったセリフを言った所、震えた・・・」

そして今週

『九月場所も十二日目 いよいよ終盤を迎え土俵上の熱もますます上がっております!』

いよいよと本当に終盤、残り三日は鮫島にとって長すぎるが、王虎によって奇跡の回復
これならなんとかいけるか!?

『横綱・泡影の連勝記録もさることながら 本日はなんと言っても』

『優勝にも絡むであろう二人の全勝力士の直接対決』

『黄金世代と言われている 王虎 鮫島!!この大一番に注目が集まっています!』

まさか十二日目で戦うとは夢にも思っていなかった鮫島と王虎、オラァワクワクが止まらんぞ!?

とここで場面が変わり宝玉光!?どうやら寺井が取組が見たく帰りたくないと捏ねていた

宝玉光「チッどうせ鮫島と王虎だろ・・・」

寺井「はい、宝玉光関も一緒にどうですか?」

「ふざけんな!誰が見るかバカヤロー!」

プンプンしながら帰る宝玉光、果たして本当に帰るのかな・・・?

そして渡辺のシーンに変わる、弟弟子にかつての武勇伝を言っても誰も聞いてくれない
まぁ仕方ないね・・・関取であればもっと話が盛り上がっていたかもしれないが・・・
周囲が冷たい反応だったため少ししょんぼりしている、かわいそうだ・・・

そんな時に「角界のお母さんこと稲虎こと田上さんだ!」

田上「一緒に見ないか、渡辺」
渡辺「嫌なとこ見られたな・・・カッコ悪いよね昔のこといつまでも・・・」

しんみりしてしまうなぁ・・・家族のためにも関取になってほしいな・・・
そう言えば天才君の毘沙門はどうなってるんだろう、ブルブル震えて廃人状態になっているんだろうか

そして蒼希狼、大山道兄貴からどちらが勝つか聞いている、その答えは・・・

「俺の方が強い!!!」

その姿を見て可愛く悪う大山道兄貴、こっちもお母さんかな?

「大関」 「鯉太郎さん」

「そろそろ・・・」「出番です」

付け人が二人に時間を告げた!昨日の鮫島とは思えないほどの目が生きている!


『これは痛い!天雷痛恨の三敗目!』
『昨日の鮫島戦は激闘でしたからね・・・さすがに疲れが出てたのではないでしょうか…』

あー大関の道が・・・しかし百雲が引退したからまだワンチャンあるのか?
負けた天雷の先には王虎がいた

天雷「俺は・・・」

「俺は鮫島の隣に立っていることは出来なかった・・・」
「躊躇なく振り切ってくるアイツについてけなかった・・・」
「引いてしまったんだ・・・鮫島の覚悟に・・・俺は鮫島を土俵で一人に・・・孤独にさせてしまった・・・」

天雷、まだ思っていたのか・・・優しすぎるだろ・・・
その天雷のセリフにクスっと笑う王虎

王虎「テメーより鮫島の器が上で、あのバカにお前が喰われちまった・・・それだけだろ・・・」

お、王虎が天雷を慰めているだと!?直接的ではないにしろ深く考えすぎている天雷を救う言葉だ!
その王虎の言葉によって天雷の目に輝きが戻った

「喰ってやるさ 鮫島の全部を・・・」

「それが許されるのは・・・俺だけだ・・・」

かっこよすぎるセリフを言って土俵に向かった王虎だった、格が違げぇ・・・

対する鮫島、その先には石川が立っている
石川と同じ病・・・下手すると死ぬ可能性がある鮫島を止めることは・・・

鮫島「いかねーとよ王虎が待ってっから・・・」

やはりダメだった、椿にも親方にも止められない鮫島・・・王虎しかいないか!?

石川「ガキみてーな目しやがって・・・バカヤローが・・・」

「勝てよ!!鮫島!!」

鮫島「ありがとよ・・・石川・・・」

止められないのであればもう激励しかない!鮫島、遂に土俵へ!

『いよいよ運命の一番です!!』

次回に続く。

来週、遂に見れる王虎と鮫島の取組・・・十二日目で見れるとは思わなかったけど気になって仕方がない
どちらが勝つか・・・全くわからん!

スポンサーサイト

「刃牙道」第187話・引き出し「ネタバレ」

先々週の一行感想:究極の読み合い
先週の一行感想:バキ、「無刀」で斬られる

ということで今週からしっかりやります(

読み合いを制したのは・・・「武蔵」!!

守護「ほぼ間合い0からの斬撃・・・それにしても・・・あの間合いで斬るかぁ~~~~~・・・」

バキがワザと喰らったとまだ思ってるのでなんとも言えませんが・・・
ほぼ間合い0から斬撃って武蔵の挙動が見えないほど速いはず 現在バキの速度と同等かそれ以上かッ
ここでナレーションが入る

『少年は感じていた』

『斬られた!』

『物理的には斬られていない 実際には斬られていない』

『なのにどうだ!?』

独歩「あれは・・・」
渋川先生「効くんだあれは・・・」

ちょっと待ってほしい、今更かもしれないが独歩の服が完全に893スタイルすぎないか!?
そう言えば過去のシリーズでも危なそうな服を着てたような・・・まぁそれはどうでも良いか
二人のセリフの下り・・・これは逆に喰らっていない可能性がある

『抗おうにも 抗いきれない 絶対の「斬られた!」感ッッ』

『自己が否定しようにも 肉体が認めてしまっている!』

武蔵「近間は俺も好きだ」

ふと武蔵はバキの腕を掴む、すると・・・


ごちゃっ


持ち上げられていたバキ!そして咆哮!
恐らく肩を外されたか!?なんか無刀で斬られた時より痛そうだ!
っと思ったら違った!範馬家に伝わる秘技・金的だった
よく見たら右膝でバキの金的を蹴っていました☺
倒れるまでは行かなくてもバキが敵に背を向けるほどの痛みだった、普通なら失神してもおかしくない

武蔵「ふむ」

逃げ惑うバキを見て再び武蔵、無刀を召喚する。

そしてバキの胴体を真っ二つ


恐ろしいほどにバキがバラバラになる描写が・・・
その後謎のタックルをする武蔵

紅葉「タックル?!」
千葉「喧嘩じゃん・・・」
独歩「なるほど・・・」

独歩は納得している、俺にはサッパリだから教えて独歩ちゃん!



「俺も見ていない 新しい「引き出し」だ」

「現在に伝わる「戦」の現場での宮本武蔵」

「切り結ぶ だけでは済むハズもなく」

「斬る 突く 刺す 締める 投げる!」

本部以蔵「素手の武蔵は強くない そんな奇跡は期待しないほうがいい・・・」



独歩の代わりに本部以蔵先生が教えてくれました
ここで今週は終了、本部の回想シーンでは関ヶ原の戦が描かれていた
要するに武蔵は斬るだけではなく、普通の腕っぷしも異常なほど強いということだ
別の漫画であるバガボンドでも斬る以外でも人を殺傷していたからそこまで不思議ではないかもしれない
(初めて人を殺した時は素手だったような・・・)

今週はやられるだけやられたバキだが・・・さてダメージはどうだろうか
なんか腑に落ちない、まともに喰らったのは金的ぐらいでは?と思ってしまう
タックルされた時バキの目が完全にイってたのでダメージはあったの・・・か?

次回からケロっとしたバキが見れると勝手に予想、本物で斬られなきゃフェアじゃないとか言いそう

「第148話」鮫島、最後の十五日「ネタバレ」

『因縁の相手・王虎を前に鮫島は・・・』

お互いの表情がヤバイ、今までのシリーズよりヤバイ

常松「この人はこんな時まで王虎の前だと意地を張る・・・」
鮫島と王虎はお互いを特にライバル視してますからなぁ、思ってない人が多いかもしれないが

「鯉太郎さん落ち着いて・・・大関も・・・今は勘弁して・・・く・・・ださいよ・・・」
常松が必死に鮫島を守ろうとしている、しかし王虎のキレ具合が尋常じゃないので常松ですら恐れている


鮫島「どいてろ・・・ 誰も・・・入るな・・・」



ガン!!!!!!



王虎、壁を破壊したのかと錯覚するほどの壁ドン!いや壁ガンか

王虎「その様で・・・俺の前に立とうってのか・・・?」
今の鮫島はその場でぶっ倒れそうな状態…王虎にとって残念でしかならない
そういった怒りが込められてますね

ここからは鮫島の回想シーン

鮫島「そう・・・テメーは・・・いつも・・・」

「最初から・・・」

「そうやって・・・」

「圧倒的な力で・・・圧倒的な存在で・・・」

王虎が新入幕、鮫島はまだ幕下だった

記者「同期の王虎が入幕したけど、幕下時代のライバルとしてコメントある?」

鮫島「待ってろ・・・ボケ」

「テメーは・・・いつも・・・」

鮫島、十両に昇進

と、同時に王虎は無傷で新三役の小結に・・・
逆に鮫島の体はボロボロで休場・・・

そして関脇になる王虎

「いつも・・・」

勝ってもそれ以上な代償を払っている鮫島・・・

現場では鮫島の闘気が漲っていく・・・気が高まっているのか・・・?!

王虎「謹んでお受けいたします 大関の名を汚さぬよう・・・」

鮫島、休場

「テメーは・・・テメーは・・・いつも・・・いつも・・・」




「つかまえたぞ やっと・・・」



復ッ活!鮫島復活!復活!
なるほど、最初は王虎の姿を見て羨ましいのかと思っていましたが
それ以上に再び戦えないことに憤りを感じていたんですね・・・
長い月日が経ち・・・遂に王虎の足を捕まえた鮫島、ぶっ倒れる場合じゃねぇということかッッ

王虎「クッ・・・」

「ハハハハハ!!」

「機がきたみてーだな、鮫島鯉太郎!!!」

復活した姿を見た王虎は非常に良い笑顔で大歓喜!
疲労困憊では無くなった鮫島と戦えることに嬉しさが雑誌越しでも分かる!

「明日は・・・俺に食われて死ね・・・」

王虎は鮫島を喰らって泡影の領域に入るつもりだ
鮫島の姿を見るにこれが最初で最後のチャンスだと思った言葉かもしれない


鮫島「喰うのは俺だ・・・王虎・・・」


言葉を返した鮫島、次回に続く!
先週も言いましたが明日の相手が王虎というのが信じられませんね・・・
鮫島には泡影と同じ「何か」を手にしている、一体どんな取組なのか・・・楽しみでしょうがない

しかしながら今日の夜が怖いな・・・椿とのやり取りと親方の言葉が不安要素です
多分椿の言葉には納得して「今場所で最後にする」って鮫島が言いそうな気がします
親方はどう捉えるか・・・「どうすんだ」が出る可能性もありそうな・・・
ただ親方も鮫島の神がかった四股を見たので何も言わずに王虎と戦えるかも

とにもかくにも来週は恐らく椿との会話なので気になりますね


そういえば残りの三日、鮫島は誰と戦うのだろうか
泡影・猛虎は確定だとして、あと一人は誰だろう・・・
白鯨力は天雷と戦ったし、百雲は引退・・・天鳳か明王山か?
うーんあまり想像できない・・・となるとまだ紹介されてない「誰か」かも
かつて佐藤先生の前作品「いっぽん!」も突如最強のラスボスが登場した
幕内土俵入りでは紹介されていないもう一人が現れるかもしれない

とは言っても泡影を倒すのは猛虎だと勝手に予想しているので楽しみにしておきます

「刃牙道」第184話・絶技「ネタバレ」

モブ「見えない・・・ ジャブか? 一発で倒したんだ・・・!」

武蔵、ぶっ倒れる!正中線五段突きをモロに喰らったようなもんだから不思議ではない

克己「違う・・・」
独歩「三発だ」

郭海皇「三つが一つにしか聞こえぬほど 超高速の「段打ち」」

海皇じいちゃん、汗流してるけどバキワールドなら超高速は別に珍しくないような・・・
マッハ突きよりも早いのか…?

渋川先生「果たしてこの会場に 今の「刻み突き」を三発と見える者が何人いることか・・・」

普通の人じゃ見えませんな・・・てか見える時点でおかしい
ジャックだけ頭上に?マークがありそうな気がします

とここで回想?シーン、アメリカンなおっちゃんが登場だ!
『ボブ・マンデン 伝説のガンマンである』

解説が非常に長いので省略しますが、実際の動画を見て愕然
バキワールドからリアルに迷った人なのか?!というほど超人でした

取り敢えずバキも似たようなモノを持っているようで、さらにゴキブリダッシュが加わったことにより

『以上 3種 現代格闘技術を 同時多発駆使』

えぇ~・・・未来格闘技術の間違いなのでは?まずゴキブリダッシュの時点でおかしい
刃牙なら納得するしかないか、半場投げやり状態です

昂昇「見事・・・見事な先端操作だ・・・」
紅葉「それもそうだが・・・今・・・刃牙さん・・・」

「なんか・・・消え・・・」

やっぱ人間じゃねぇ!

『戦国には存在しない技術 武蔵には・・・』

『新しすぎたか?』

新しいってレベルじゃねぇぞ!もう突っ込むのも疲れました・・・

武蔵「たった今倒れていた際・・・幾度かは仕留められた筈・・・」
文字が少し弱々しい、武蔵にかなりのダメージが入っているのは間違いない、汗も尋常ではない
見る限り一番痛そうな部分はやはり金的 水月辺りのもう痛みは引いてそうだ

刃牙「へっ そんな冒険はしないよ 仕留めるなら」

「動きながらがいい・・・・・・」

武蔵の戦いをこれまで見てきた刃牙にとって、動いていない武蔵が一番危険なのは知っていた
郭海皇並みの擬態を持つ武蔵だから仕留めるチャンスと思っていても絶対に油断出来ない
ここの判断は素晴らしいですな

武蔵「はは・・・有難い 金的を上から叩いた」

「下から打たれたら もう・・・終わっていた」

範馬家の金的攻撃はどの攻撃よりも痛いですからねぇ…想像するだけで恐ろしい
金的ばかりを描写しているので、上段・中段打ちはもうダメージがない模様

と、ここで刃牙のゴキブリ蹴りが炸裂!人には見えない攻撃だから再び武蔵にダメージが・・・

避けた!&反撃をした!

これには動揺を隠せない刃牙

武蔵「よし見えた いざ組み打たん」

『もうゴキブリ拳は 効かない・・・ッッ』

やはり武蔵もまた、一度見た技はもう通用しないのか…
しかし超人の方であるボブ・マンデンの解説を見るに分かっていても避けられないはず

人外VS人外、ここからが本番か・・・ッ
次刃牙が何をするのかは非常に期待出来る、ゴキブリを超える速さで行くのか・・・それとも力?
うーん読めない・・・

「第147話」鮫島、最後の十五日「ネタバレ」

虎城部屋ではテレビ中継で王虎の取組を見ていた

幕下以下の弟子達がそれを見て歓喜をしている

「あの百雲を子供扱いかよ」 「やっぱハンパねーよ王虎関は!」

「こりゃ今場所こそあるぜ!」「あぁ…今の王虎さんならあの横綱を倒しちまうだろう」

やめろ、なぜか百雲を思い出す。フラグにしかならん!
そんなフラグを折るかのように、一人の男が現れる

「おーいチャンコ番…まだ用意が出来てないだろ…気持ちはわかるが仕事はちゃんとやらんか…」

稲虎こと田上さんのご登場だ!しかもチャンコを手伝うというなんと優しい…お母さんだ

場面は変わって王虎、記者達はテンプレの如く同じような質問をしていた
昔の王虎だったら面を被るように受け答えしているはずだが、今の王虎はガン無視だ

しかしそんなテンプレ記者の中に、一人だけ違う質問をしていた

「鮫島も天雷を下し11連勝ですね・・・」

それに反応する王虎

「今場所の鮫島の勢いは何か神がかってるようにも感じます…」

「大関の言う時期・・・再戦という運命の流れの点はまさに今なのかと・・・」

「しかし今日の取組後、鮫島はまた倒れてしまった・・・このまま休場になる可能性も・・・」

「それについて何か一言ありますか?」

王虎「だとしたら俺の流れの中に、鮫島という点が無かったというだけだ・・・」

唯一記者の質問に答えた王虎はそのまま去っていった

再び場面は変わり虎城部屋のチャンコを作る部屋だ

チャンコ番は王虎のことを「カッコイイ」や「この前話かけてもらったこと」で自慢している
マジかよ!あの王虎が幕下以下にもちゃんと接している!

「ほーらお前ら・・・手を動かさんか手を・・・全くお前ら一応俺も関取ってことを忘れてんだろ…」
虎城部屋のママ、稲虎こと田上さんだ、頭巾が似合いすぎてこれもう完全にお母さんだろ・・・

チャンコ番達曰く稲虎も大好きで兄貴的なポジション・猛虎は先生そして王虎は「ドン」
王虎の印象は「ヤ○ザの親分かマフィアのボスみたい」だ、正直笑った

田上「ブハハハ 言っとく」

「勘弁して下さい」

田上「まぁでも・・・王虎がこんなに下に慕われる人間になるとはな・・・」

「そういえば稲虎関は王虎関と同期でしたよね、昔からあんなカッコよかったんですか?」

ここで田上さんが過去を振り返る、初めて鮫島に敗れた部分・闇堕ちした部分など
それを聞いたチャンコ番の者達は

「鮫島って・・・でもまだ平幕じゃないっスか・・・」
「当時はそうだったとしても方や王虎関は大関っスよ、顔じゃないでしょ・・・」

田上「いや・・・鮫島がいなかったら今の王虎はないんじゃないかな・・・」

「王虎をあの暗闇から解放したのも また鮫島なんだ」

「本当・・・鮫島ってのは不思議な奴でな・・・」

「俺らの世代は黄金世代・・・多くの人には王虎世代と呼ばれているが」

「王虎を含め同期の奴らで そう思ってる奴は誰もいないだろ・・・」

「間違いなく、先頭にいたのは鮫島だ」

「俺も含め、鮫島の相撲に、救われた奴は多いよ」
支度部屋から帰る王虎、静かな怒りを露わにしていた。付け人も察しているようだ、そして

常松「鯉太郎さん、タクシー到着しました・・・歩けますか・・・?」

鮫島、満身創痍状態・・・というかこれ意識あるのか?
その姿を見て常松も歯がゆい表情をしている

「(クソ・・・ここまでか・・・この状態じゃ・・・明日はもう・・・)」
誰が見ても明日相撲を取れる状態じゃない…アカン・・・

田上「顔を合わせればケンカばかりしてる二人だが、王虎は鮫島を誰よりも認めているんだ」

常松「(・・・なんとかならないのか・・・ここまできて・・・ここまでして・・・」

田上「それは鮫島もきっと同じだろうな・・・」

完全に体が反応していなかった鮫島だったが・・・う、動いたぞ?

「土俵で互いに高め合える・・・特別な存在・・・」

鮫島の視線の先には、王虎がいた




十二日目「鮫島 - 王虎」



えぇぇぇぇぇぇぇ!?!?
マジか!鮫島の明日の割って…王虎だったのか!?
相撲に詳しい人なら事前に知っていたかも知れないが、これを見たときリアルで声が出た
王虎が百雲との取組前に「失望させてくれる」「俺は今腹が立っている」というセリフは、自分が今日の勝てば
明日鮫島と戦えるからだったのか・・・?たしかにそれだと合点が行きますね・・・

田上さんが言ってましたが、鮫島もまた王虎を特別視していたのは過去を見ても間違いないでしょう
その結果歩けない状態だった鮫島が、王虎を前にして身構える形となりました
これは次回が楽しみで仕方がない・・・が、椿と親方の行動が気になる・・・果たしてどうなるか・・・

次回に続く。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。