芝浦ブログ

ソシャゲ・コンシューマーのレビューを中心に活動しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「刃牙道」第183話・立ち合いの継続き「ネタバレ」

武蔵「一本っっ」

『先制は武蔵ッ!!』

蹴られた刃牙は宙返りして立ち上がる
無傷とはいかず、刃牙から鼻血が出ていた

「ふふ・・・蹴ってみた
何その「歌ってみた・踊ってみた」並みの軽い感じ
もしかすると武蔵はインターネットでニコニコ動画などを見ていたのかもしれない

刃牙「以前は「蹴り技」の愚を口にしていた」
アァ~そう言えば初戦の時武蔵は言ってた!刃牙が思いっきり足を掴まれて慌てていたな

武蔵「ははは・・・俺も学んだ さすがに少年らのようにはな ヘソから上は蹴とばさんが」

「転けん敵にはなかなかの効果だ」

「さらにはもう一つ」

「「強き人」に一度煮え湯を飲まされとる」
KYAAAAA、今度は範馬勇次郎が思いっきり武蔵に金的した所かッッ

「金的ならば「剣」よりもいい」
となると、範馬一族の必殺技・金的がもう武蔵には通用しなくなったのか…?!
これは非常にやばい状況ですね

「その「強き人」範馬勇次郎に」

「ぬしゃ勝ったと聞く 天晴れなり」

刃牙「俺は認めちゃいない」

武蔵「ほう 敗北を認めぬ ではなく 勝利を認めぬと」
なんだこの武蔵のひょっとこ顔!?今度は武蔵が煽るターンか?!

「格好つけるな」

「勝ちは勝ちだ  喋りすぎた」

「参る」

と思ったが再び構えを取った武蔵
勇次郎に勝ったことを素直に認めていると言うことは、刃牙の実力は勇次郎に匹敵すると武蔵は見て良いのだろうか

そんな姿を見て守護天使・本部が綺麗な目で両者を見ていた

「なんとなんと」

「この立ち合いは」

「世代を跨ぐ」

「まさしく あの立ち合いの 継続き」

「心配いらねェ」

「俺の邪魔は入らねぇ」

あの立ち合いの継続きは、勇次郎と武蔵が戦っていた時割り込んだ部分だった!
今度は邪魔をしないということは、刃牙なら安心出来るということか・・・ッッッ

『膝を抜き 体の落下の加速を 踵へとぶつけ』

『敵方向へと方向転換』

『その間 実に 0.00………』

その時武蔵が気づく

『消え・・・!?』

その武蔵を超えたスピードで刃牙のカウンターだ!
刃牙の頭上には師匠である「ゴキブリ」がいた、やっぱり師匠なんですな~
しかも一発ではない、三発の拳が武蔵に直撃した

『ゴキブリ拳~~!!!』

その場にぶっ倒れる武蔵、次回に続く。

武蔵の瞬足を超える力は、ゴキブリが持っていた。
先が視えている武蔵のはずだが…無かったことになったのか?
それともいつも通りワザと喰らったのか、それは次週で分かることでしょう

「刃牙道」第182話・極点「ネタバレ」

刃牙「しか・・・ ない」

「----------しかない」

「嗚呼 この状況が好きだ」

「培った全てを 出すしかない・・・他の選択肢の一切が閉ざされている」

「すなわち」

「手にしてる 全てを出していい」

徳川のジジイ「開始めぃッッ」

お前が言うのか!と言うことで両者構えを取った状態で始まった死闘
先ほどの刃牙のセリフ、地下闘技場のルール的な意味で言った言葉でしょうか
途中範馬勇次郎が怒りのチョップで乱入しない限りは、誰にも邪魔されない状況だ

武蔵から闘気が溢れる姿を見てオリバは愕然していた

「うおぉ・・・この距離で・・・「強さ」を思い知らされる・・・」

「しかも・・・五体に剣まで備わってる じゃないか・・・!」

武蔵の刀(シャドー)が視えていた!オリバの他にも寂海王・克己も認識出来ている
まぁ当たり前か、一般人にも分かるレベルのシャドーですからね
てか克己、なんか太ったか?

刃牙「あらら・・・もう持ってるね」

「用意する必要ないじゃん」

本物が砂の山に刀が刺さっているのを見て刃牙のお得意技、煽りが発動。
強者ほど煽りに弱いのは刃牙ワールドの特権かもしれない

「気に食わん」

「剣さえ持たせなければ なんとかなる」

「そう思い上がる 貴様「ら」が 気に食わん」

「貴様ら」と言うことは、刃牙以外にも言ってますね
イメージの刀は生身の刀よりたちが悪いのは事実だが・・・
じゃあ幻と本物、どちらで戦ってほしい?と言われたら…前者を選んでしまうなぁ

刃牙「剣さえ持たせなきゃ なんとかなる そんな宮本武蔵なら」
なぜか刃牙の顔が妙に腹が立つドヤ顔

「どんなに楽だろうに」

「武蔵さん 俺たちは素手の宮本武蔵を嘗めちゃいない そんなボンクラは一人もいない」

「ただ・・・」

「手の施しようもない とは 思っちゃいない」 

刃牙が左足で武蔵の顔をめがけて蹴ったッッッッッッ
しかし武蔵には相手が次どう動くか分かる能力が備わっている
・・・が、かすり傷をつけたッ

刃牙「くぅ~~~・・・いきなり失敗かよ」

武蔵はかすった部分から血が出ているのを確認する

「少年」

「そう捨てたもんじゃない」


「俺の剣」
あれ?!刃牙を称賛した言葉じゃなかった!?

刃牙「え?(俺の・・・)」

「!?」

「斬られた・・・!?」

武蔵「一本!」
刃牙の顔面に思いっきり蹴りを入れる武蔵、続く

刃牙が仕掛けたあの時、武蔵は立っているだけではなかった。蹴った足首を斬っていた
これがモノホンだったらもう終わってた、やっぱり刃牙も思い上がってるのか?
いや本物だったら別の戦い方を持ってるとか?うーん…難しい

しかし斬られたことに気づかないとは…初めて戦った時はメチャクチャ痛がっていたが…
もし武蔵の幻影剣に痛みを感じないのであれば、武蔵は本物を持たざる状況になりますな。

「第146話」鮫島、最後の十五日「ネタバレ」

『勝ったのは王虎ーー!』

百雲、最後に渾身の押しを見せたが終わってみれば王虎に圧倒されてしまった
「文句なしの圧勝で無傷の11連勝」となった、強すぎるッッ

完膚なきまでに負けた百雲に対して王虎が言う

「どれほどのものか多少期待していたが」

「しょせん何かを捨てなければ 何かを手に出来ない奴なんてこの程度」

「俺がほしいのは もっと貪欲で強欲な 純粋さ」

「お前のようにつくったものじゃなく、喰うか喰われるか…ギリギリのせめぎ合いだけが」
「俺を高みに上げる・・・」

「求めるのは・・・鮫島とのあの一番・・・」

「腹の足しにもならねーよ・・・テメーのレベルじゃ」


バッサリと百雲を斬った!が百雲はその言葉に納得している様子
欲の為に何かを捨てた者は、それと引き換えに得た物より大切な物を無くしたり、忘れたりしてしまう
現実でも実際にある現象ですね・・・
それにしても百雲の表情、角界の良心の頃に戻っています!いやそれ以上になったのか・・・?

記者は取組の結果を見て分かったことがある
「似ていたのは百雲じゃない…王虎の引き上げる力こそ鮫島と同じではないか

たしかに百雲の闇堕ち状態は鮫島と似た粘りがあるが、引き上げる力や純粋の気持ちはなかった
腕が折れても勝とうとする信念だけは引けを取らない感じですね

続いて虎城親方もこの取組を見て思いました

「負ける訳にはいかなかっただろう・・・」

「いや、負ける訳がなかったと言うべきか・・・」

「百雲の相撲は王虎・・・お前が通り過ぎた道」
「鮫島との一番が無ければ・・・今の王虎はなかっただろう・・・」

その通りですね…闇堕ち王虎と百雲はあまりにも似ていた
もし鮫島がいなければ王虎も同じく泡影に呑まれて百雲のような闇堕ち状態になっていたでしょう
それ以上かもしれないと思うと怖いな・・・

「百雲にもそういったキッカケがもう少し早ければ・・・百雲もまた違った答えを出したかもしれんな・・・」

・・・ん?もう少し早ければ・・・と言うのは一体・・・
ちなみに観客は怒涛の手のひら返し、チョロすぎだろ!
お、俺はまだ常松にした行為を許したわけではないから(震え声)

新発田の親方は嬉し涙を浮かべて「良い相撲だった」と言った
そして百雲の表情は、笑顔こそあるものの・・・とても儚い姿だった

「今までご迷惑を・・・おかけしました・・・」


「もう・・・疲れました・・・これで俺は・・・」



「終わります・・・」


まさかの引退宣言・・・マジかよ!
付け人も同じく「まだこれから」と言うが・・・

「いや、俺は終わってたんだ・・・あの泡影戦で・・・」
「それを王虎のおかげで飲み込めた」

「それどころか・・・泡影戦以上の力を・・・自分の能力以上の力を最後に出せた
「その上で王虎は俺を叩き潰し、ちゃんと殺してくれた・・・」

「アレ・・・器が違う」

百雲が見た視線の先には、泡影に力水を渡している王虎の姿
なんと美しい描写・・・絶対にこれは雑誌で見た方がいい・・・

その姿はあまりにも壮大で、会場全体に場の空気が変わるほど

記者は身震いしていた
「負けてないのか・・・あの横綱を前に、王虎の存在感は」

百雲「最後の相手が・・・王虎でよかった・・・」
虎城親方が言っていた「もう少し早ければ」の言葉は、もう手遅れだったと言うのか・・・
以前王虎に完全敗北したらその場で髷を切ってほしいと言ったが、違う形であれ引退することになる
そういえば百雲は何歳なんでしょうか・・・百雲の姿を見て竹虎さんを思い出しました
もしかすると年齢も関係してそうですね

『引退を決めた力士の目は安堵に包まれたような優しさが宿るという・・・』
『百雲の目にそれを見た親方の新発田は 何も言わずそれを了承』

ふむ・・・そう考えたら最後の最後に百雲は救われた感じですね
豚フグエンドにはならず相撲の世界から足を洗えたようです

『そしてこの日 百雲は引退届を提出した』

百雲が国技館を去る際に、かつての恋人の姿があった・・・本当に報われたな・・・

『後悔なき相撲人生』

こうして王虎と百雲の取組は終わりました、いやぁ~凄かった・・・
やはり王虎の現状の力を見せる取組でしたが、百雲が元に戻るのはあまり想定してませんでした
終わってみれば百雲の更なる先が見たかったが本音ですが…リアルでも同じようなことが良くある気がします
百雲も大変満足した様子なので悔いはないでしょう、これからは恋人と末永くお幸せに。

ちなみに羽織のがしゃどぐろは健在でした、表情が変わっただけで全然似合ってねぇ!
折角なのでそれも大切に保管して下さい、ある意味大変貴重な代物なので☻

「第145話」鮫島、最後の十五日「ネタバレ」

「天才は一度潰れると案外モロイ」
この言葉は某テニヌのキャラのセリフだが、皮肉にもそれが自分に返ってしまったことがある
百雲は今までエスカレーター式のように成績を残し、挫折の経験もなく幕内まで登れた人物
周りにも恵まれ順調に力をつけていたが
泡影という怪物に潰され己が視えなくなってしまった百雲だった・・・が

「ほう・・・王虎に穴を掘られ 顔を出したか・・・」
虎城親方が百雲を見て本来の型に戻ったことを確認したようだ

「戻った・・・のか・・・?」
百雲の親方はまだ半信半疑だ
無理もない…今まで鬼神の如く相手を潰してきた姿を一番目にしたのは親方なのだから

「あぁ・・・そうか・・・」

「おっおい・・・」「あぁ・・・あの形・・・」
百雲の付け人も気づく

「へっ・・・」「何を今更・・・」
観客はまだ疑っているが、自分もその一人だから何も言えない

百雲は思う
「結局・・俺は・・・」
「俺は・・・一人じゃ何も・・・」

「ゴメン・・・」

「ゴメンなさい・・・」

「やっと・・・やっと飲み込めた・・・」


「押せ・・・」「押せ・・・」
「押せーーーー!百雲!」
付け人に火が付いた!

さらに観客もそれに呼応するように応援する(一部は相変わらずだが)

『大丈夫だよ・・・』

「うん・・・」

「ありがとう・・・」
百雲の目に輝きが戻った、もうそこには鬼神の顔立ちではない

『ここにきて百雲 昔を取り戻したかのような押しを見せる!!』

解説者の言葉に百雲の親方は物申す
「違うよ・・・」

「あれは、昔の百雲なんかじゃない」
「苦しんで 悩んで 足掻いて」
「やっと辿り着けた新しい形・・・」

「それが証拠に俺は百雲の・・・あれほど美しい相撲は見たことがない

左腕が折れている状態でも王虎を押した、かつて天鳳を寄り切った力は健在だったか!?

記者「限界だったろ・・・明らかに今の方がずっと・・・迫力も怖さも・・・」

王虎の表情もまた、変わっていた!相撲を楽しんでいる表情だ!
百雲の相撲がつまらないと思っていた王虎だったが、本来の型に戻り怖さと楽しさを感じたのか?!

記者「わざわざこれを引き出したのか・・・!?王虎・・・」

百雲の押しに食い下がる王虎
「オラ・・・これがテメーの全てか・・・?」

百雲はさらに足腰に力を入れて王虎を押し切る、組んでるとは言え凄い力だ・・・

『百雲 渾身の力で持って行った!』

百雲の力を全て受け取めた王虎、それに対して百雲は

「クソ・・・吸われる・・・」

「スゴイな・・・オマエ(王虎)・・・」

百雲を投げ圧巻の相撲で勝負が決まった
王虎の表情が、鮫島とダブる!

いやぁ~王虎もまた相手の力を引き出す能力を持ってましたね、良い笑顔でした
自分の弱さを飲み込めた百雲はさらなる成長が期待できる取組でした
腕やら何やら壊れた百雲でしたが、まぁ今までの行いから見るに…まだ優しい中で目が覚めたのでは?

それとやはり王虎の力を見せるお話でした、強すぎだろ…
闇堕ちした百雲も強く、常松に勝てる実力と関脇の位置を見ても・・・王虎が完全なる格上でした

これほど心技体が揃っていても泡影には勝てない…本当に何者なんだ・・・
王虎が鮫島と取組をしたいのは更なる先を引き出してほしいからでしょうか
しかし当方人の鮫島が現在ヤバイ状態・・・果たして王虎の願いは達成するのか・・・?
次回に続く。


観客の声の中に「松明を休場させた奴だぞ」が入ってましたが、あれは俺ですね☺

「刃牙道」第181話・喰らわば「ネタバレ」

先週はまさかの休載!!あまりにも珍しいので目が点になりました
さて武蔵以上に奇妙な顔を持つ刃牙の身に一体何が起こったのだ?

「見渡す限りの 馳走ヶ原

おい、ダジャレかッッッ 関ヶ原のように周辺が敵だらけを比喩しているようですな

「喰らって 喰らって 飲んでも 飲んでも」

「終わりなきはずの 馳走ヶ原

「食いも食ったり 一皿たりとも 残されてなし」

「この荒涼」

「まるで関ヶ原!!

あ、戻った。厳密には関ヶ原の戦いが終わった後の描写だった
死体だけです。


「「貴様が食ったかっっ」」


「はい?」
武蔵の謎のブチ切れに刃牙も呆気を取られる

「何が・・・」
刃牙もどうやら理解出来てないようだ、いやもしかしすると裏では「計画通り」と思ってるかも

「そういうことか・・・もう食われんと お前の飯など一粒たりとも残っちゃいないとっっっ」

その言葉に相変わらず意味不明な刃牙のお姿

「自分はもうご馳走ではない」

「とそう言うことだなっっ範馬刃牙っっ!!」

・・・・・

辺りの者達も頭上に?マークがあるかの反応、無論刃牙もだ

「いや・・・あの・・・」
「マジで何言ってんのかワカンないんスけど・・・」
まるでセールスマンが困ったような素振りで武蔵に聞く刃牙

「もういい」
「毒を喰らわば皿までも」
「皿を喰らわば盆までもっっ」

「盆を喰らわば人までもっっ」
激オコプンプン丸になった武蔵はもうヤケになっている
もう何もないから刃牙を食べまぁすということか、ぴくると同じく人肉を食すということでよろしいか。

「今から為すことも その結果起こることもなんら変わりない」
「刃牙・・・」

「血の一滴までも啜りきろうぞ」

般若をさらに捻じ曲げたような顔をする武蔵、かつて佐部京一郎と出会った時の顔とは大違いだ
本部に敗れて以降の武蔵はどんどん顔芸をするようになった気がする
あの風格の方が正直好きだったなぁ…強者の余裕というか・・・

とここで審判?が両者に説明をする
「火器を除く 全ての武器使用を許されます」
「中央にたてられたこの刀剣も 使用 不使用任意とみなします」

「尚・・・これはご老公のお言葉ですが・・・」
「この試合は、どちらが「勝つか」を決めるものです」
「正々堂々は飽くまで二の次と考えてもらいたい、との事でした」

その言葉にクスッと笑う刃牙、今更すぎる徳川のジジイの態度に笑ったのか?

「「求道者」とは上べの擬態 この人は史上最悪の反則魔だぜ」
「どう取り締まろうが」

「正々堂々 フェアプレーを踏みにじってくれるってッッ」
その言葉に笑みを浮かべる武蔵

「いらぬ世話だ徳川ッッ」
「ボンの方がよほど理解っとるわっっ!!」
刃牙にも武蔵にも言われたジジイであった、ざまぁないぜ。


「それにしても・・・さっきからこれ・・・」
ん?刃牙のこの表情…何かを視ている顔だ
これはイメージだ!!今の武蔵はどう視えるのだ、刃牙よ
今度は武蔵がご馳走になっているのか?



「これって・・・ええ~~~~~~~~~~~~~~~??」




「生クリームの・・・」

「き・・・宮殿!!?」


核爆弾から生クリームの宮殿に変化した、うっそだろ・・・

『元の位置ッッ』

「あん・・・まくて辟易しそうたぜ・・・」

ということで終わった刃牙道
刃牙のイメージが変化し、生クリーム宮殿と化した武蔵
武蔵すら甘いほど緩い相手ということになったのか?そうなるとインフレすぎる展開だ

まぁ一般人が見た刃牙の動きと、渋川老の不意打ち攻撃を避けた動きを見たら納得してしまう
ゴキブリを超える瞬発力を身に着けた刃牙、遂に師匠を超えたってことで良いでしょうか?

次回はまさかの休載・・・しかし二倍祭りと書いているため二話同時に見れる可能性が高い
続く。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。