芝浦ブログ

ソシャゲ・コンシューマーのレビューを中心に活動しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第144話」鮫島、最後の十五日「ネタバレ」

センターカラーで王虎が登場!不気味でありながら美しい・・・


「殺して・・・やる・・・」

怒りを通り越し、鬼神となった百雲が猛攻撃!
泡影を殺す(倒す)為に全てを捨てた百雲にとって、偽者呼ばわりされたらたしかにキレますな
てっきり相撲のルールを忘れて拳を握るのかと思いましたが、ちゃんと相撲を取ってます

「どの口で俺を偽者と呼ぶ…」

「テメーごときに・・・俺の何がわかる・・・」

百雲の強烈な張りを喰らう王虎だが、それでも突っ張り返しをする王虎

張りを喰らってもやはり耐える百雲、この気迫はたしかに鮫島と似ている…

張りの連鎖が続く中、百雲は王虎の手首を掴む
それを見た親方は常松との取組で行った腕の破壊を思い出す

「やっ・・・やめろ百雲・・・!」

そんな親方の言葉とは裏腹に、恐ろしい笑みを浮かべる百雲
マズいぞ!これは非常に不味い!



パキャッ


折れた音が響いた・・・が

百雲がやろうとした行為は、カウンターの如く王虎にやられ百雲の腕が折れました
昔とは違い躊躇なく折った王虎だが、相手が相手なので仕方ないですね

チープなんだよ・・・テメーは・・・」

そう言った王虎は非常につまらなそうな表情、折った腕を簡単に離す



『ん゛ーーー・・・ ん゛ーーー・・・・ ん゛ー・・・・!』
百雲の唸り声が国技館に響く、怖すぎる・・・これ相撲ですよね?

「がぁぁぁぁぁぁ!」

折れた左腕にも気にせず、右腕のみで王虎に突っ張る!
そんな姿を見て王虎は百雲に告げる

「チッ・・・くだらねーことに付き合わせる・・・」

「テメーじゃ届かねーのさ・・・泡影には・・・」

「終わってるのさ・・・わかってんだろオメーも・・・」

「相手を壊すことも自ら苦境に立つのも ただの自傷


「そんなもんは 覚悟じゃねぇ」

王虎の強烈なかち上げを喰らう百雲ッ、耐える・・・耐えるが・・・
今までとは違い、王虎の言葉が図星だったのか…今にも心が壊れそうな表情をしていた
やはり百雲も気づいていたんでしょうね…
ここまで誰にも言われなかったから、今の自分は間違ってないと思ったんでしょう


「死に場所を求める死にぞこない・・・」

「それがテメーだ」

『王虎がマワシを取りにいったー!』

百雲は思う

「やめてくれ・・・」

「俺から相撲を・・・奪わないでくれ・・・」

「俺にはもう・・・相撲しか・・・」

「他には・・・何も・・・もう・・・何も・・・」




『道明さんなら・・・大丈夫だよ・・・』


かつて恋人の言葉が、百雲に何かを気づかせる
その時の百雲は血涙ではなく涙を流していた、そして表情が・・・こ、これは・・・

王虎が回しを取る前に、百雲が組んだ!

その光景を見た記者は思い出した

「あ・・・あれは・・・」

「泡影を倒した あの時の・・・」

「百雲(以前)の形・・・!」


『錆が抜けて…』

百雲、遂に本来の相撲スタイルに戻ったか!?
これにはさすがの王虎も驚いているはずだ、もしかするとそう仕向けた可能性もあるにはあるが・・・
泡影との取組では見ることが出来なかった数々の技が見れるかもしれない!

かつて角界の良心と呼ばれ、綺麗な相撲を取っていた百雲に戻る可能性が出て来た!

ここからが王虎と百雲の本当の取組が始まりそうですね!
ただ左腕が使えない百雲はどう対処するか・・・そのハンデを背負っても王虎を追い詰めることが出来るのでは?

それほど本来の百雲は強いかと思います、かつて王虎も認めていた実力者だったんですからね
だからこそ今の百雲を見てつまらないと感じていたんでしょう・・・

次回が楽しみでしょうがないですね、百雲がどのような相撲を取るのか気になってしょうがないです

次回に続く。


王虎のセリフ、恋人のセリフにはじ~んと来ました…

『ゴ魔乙』ギルドバトルに関して『これから始める方・超初心者用』

ゴ魔乙には色々と楽しい要素があります、しかし醍醐味を一つ言えと言われたら…
実はギルドバトルです

と言っても理屈がわからない方や、そもそも何をすれば良いのかわからん!と思う方が多いかと思います
(過去の自分がまさにそうでした)

アクティブが高くC・B・Aグレード付近のギルドに参加している方なら楽しく遊んでいるかと思いますが
逆にアクティブが低く…グレードも低いギルドの場合、ロクにチェインも稼げずブレイクすら体験出来ない場合が多いです
それだと全く面白くありません・・・なのでこれを機にギルバトエンジョイ勢になりましょう!

この記事はザックリとした内容が多いですが、次回の記事で詳しく書く予定です。

『通常の出撃とギルバトの違いは?』
基本的な部分は変わりません、代わりにマジカルリング内で敵を倒してジェエルを稼ぎます
※ジュエル=マテリアルみたいな存在、これを入手することでスコア(GP)を稼ぐことが出来ます※
ギルバトの場合は属性を固める必要性がないので、サポートなどは好きな属性で組めます
後はボス戦でしょうか、制限時間ギリギリまでジェエルを稼ぎ、最後に倒すことが大切です
ただし吸引力はギルバトの方が若干弱くなるので、ジュエルを取り逃がしてしまうことがあります

コンボに関しては大きく違い、2000コンボ以上は稼ぐ必要性はない仕様です
なのでドラドンやDDPと言ったコンボ重視タイプはギルバトで使用するのはやめておきましょう

『チェイン・ブレイク』

「チェイン」
出撃が自分→他人→自分→他人と行った順番ですとチェインが増えていきますが
自分→自分→自分→自分の場合はチェインが増えないのでご注意ください
ただし今までのチェインがリセットされるわけではないのでそこは気にせず出撃しても問題ありません

「ブレイク」
チェインが合計25に達成するとブレイクチケットが五枚手に入り、ギルドメンバー内で使用することが出来ます
ブレイクは敵の数が増えることはありませんが大量のジュエルが降り注ぎます
プレッシャーも重なって最初は上手くいきませんが、慣れると凄まじいスコアが出せます

『オススメショットは何ぞや』
集中ショット:GODマグナム・ランサー辺りが鉄壁です、道中も被弾率が少なく周回出来ます
上記のショットが無い場合はガトリングなどもオススメ出来ますが…最初は自分が扱いやすいショットでも問題ありません

拡散ショット:ロックビームが最強ですが、初心者の方でしたら「ホーミング改」を強くオススメします
ホーミング改は道中にも優れており、何よりボス戦にも非常に有効です
クロスブレードも強いので持っている方ならオススメ出来ますが、ボス戦は上記のショットより稼ぎにはやや不向きです

ショットに関しては有利属性で挑むか否かは、時と場合によって変わりますが…
最初は有利属性だけで挑むのが一番安全です
ジュエルを稼ぐとなると道中不利属性で挑むことになりますが、被弾を抑えるためにそこはあまり考えなくて良いです

『スキルのオススメは?』
ジュエルを楽に回収するため基本的には吸収ですが
全体攻撃も非常に有効です、中ボスの攻撃パターンが円の場合は特に有効です
理想的なのは『全体 吸収 吸収 』ですが
吸収がねぇ!という方なら全て全体攻撃でも良いかと思います
コツとしては中ボスが現れて雑魚をまき散らす瞬間に全体を打ちます

『道中のコツ』
基本的に通常の出撃と同じくマジカルリング内で敵を倒しましょう
一定数敵を倒すとジュエルケージ(鳥カゴみたいな物)が出てくるので
こちらもリング内で破壊し、ジュエルを大幅に稼ぐことが大切です

『ボス戦のコツ』
必ず有利属性&拡散ショットで挑みましょう、弱点玉を狙い撃ちしてジュエルを稼ぎます
ボスは時間ギリギリまで粘って残り時間が1秒辺りで倒すのが理想的ですが
上手な方でも時間切れでボスを逃がしてしまったりすることがあるので、初心者の場合は残り5秒ぐらいでも良いかと思います
キャラクターを置く位置ですが、残り時間が表示されている下がベストです
あまり欲張ると被弾するので、ボスが出す弱点玉が横パターンなどは無理に狙わずにスルーするのも手です
喰らうより2000%マシなので((

『ギルドバトルの一連の流れ』

「初戦」
初手ハード&ブーストを使用しましょう、理由としては最初の対戦相手はダミーなので確実に勝てるのと
謎のボーナスもつくので一気にGPを稼ぐことが出来ます

「初戦が終わったら」
ハードを周回をしましょう、状況によってはイージー・ノーマルを選んでいいですが
『状況ってなんだよ』と思う方が多いはずなので、とりあえずハードを回ることをオススメします

「途中ブレイクが発動したら」
ブレイクの使用はスコアを稼げる人が優先的に高いですが、余ってる場合などは一度使用しても良いかと思います…が
折角なのでブレイクが発動していたら使っちゃいましょう、これも練習の一つです
(ギルドのルールによってはNGなのでご注意下さい)
非ブレイク時とは違い、大量のジェエルが降り注ぐので驚くかと思います

『時間が終盤に近付いたら』
残り時間が2分付近になると、ハードを選ぶのは少し待った方が良いです
時間切れになりますとGPが反映されないので、ノーマル・イージーを選択するのも手です
ブレイクも時間がない場合はノーマル・イージーで使用しても大丈夫かと思います

ここまでがギルバトの一連の流れです、ひとまずこれで周回をしましょう!

『スコアを稼ぐためには』
通常と同じですがマジカルリング内で敵を倒すことが大切です
ジュエルケージも同様にリング内で破壊すると大量にジュエルがゲット出来ますのでそれだけ注意しながら周回しましょう

『コンボに関して』
これに関しては自分もよくわかってません(おい
というのもギルバトは2000コンボを超えるとボーナスが無い可能性が高いからです
ですので人によって様々…途中ワザと被弾してコンボをリセットして稼ぐ人もいるので…
なのでコンボに関しては深く考えず、マジカルリング内で敵を倒すことだけを専念しましょう
(コンボは5000でカンストなので、もしかするとカンストさせない為に被弾してるのかもしれません)

『なぜホーミング改がオススメなのか』
ホーミング改はリング内で敵を倒すことが容易で、ジェエルケージ(鳥カゴ)も簡単に破壊出来ます
ボスの弱点玉を狙い撃ちするのも簡単なので道中・ボス共に優秀なショットです
ただ中ボスに関しては少し不向きなので、その場合は集中ショットに切り替えるのも手です
後ホーミング改は比較的入手しやすいのも魅力の一つですね

『ここまで見たけどやっぱりよくわからん』
非常に良くわかります
実際に見て見ないとわからないと思うので、youtubeのライブ配信にて説明しながら出来たらと思っています
質問なども受け付けますのでお気軽にツイッター・放送などでコメントをお願いします!

「143話」鮫島、最後の十五日「感想」

『あー!当たりに勝ったのは百雲ー!』

「王虎の上をいくのか…?」

記者はそう言って驚いてるが、父親である虎城親方を見るにその心配はなさそうだ

百雲は思う
「ダメだ・・・まだ・・・ダメだ・・・」
「もっと・・・もっと・・・」

目の神経が切れ始めている・・・このままだと下手したら失明するぞ百雲!!

そんな姿を見る価値なしと言わんばかりに泡影は目を閉じている
(なんか寝てるようにも見える)

「染めろ」


『強烈なブチかましー!』

百雲の親方はその姿を見て色々な意味で後悔している

「強さのために 最愛なる者を捨ててまで進む 修羅道に」

「クソ・・・あんなもんに出会わらなければ・・・」
あんなもん=泡影

「願わくば・・・そこまで捧げた百雲の願いを、成就させてくれ・・・」


吠える百雲!このまま張りで王虎を押し切るつもりか?!





「偽者が・・・」




パーンッッッッッッッッッッ


百雲の鼓膜が破れた
さらにカチ上げで一気に立場は逆転、てか王虎の表情に震えた・・・
貫禄がありすぎる・・・やはりワザと喰らってたようです、全くダメージが入っていない



体が吹き飛ぶほどの威力を受けても堪える百雲、さすがに王虎も少し予想外だったようだ


「に・・・せ・・・も・・・の・・・だ・・・と・・・・」



「殺して・・・やる・・・・・・」


血の涙を流す百雲 


オイオイオイ・・・これもう相撲じゃねぇよ・・・
目に力を入れすぎて血を流したのならまだわかるが
血涙の場合はもう百雲は人間の領域を完全に超えた、泡影が神なら百雲は鬼神と言った所か

悲しみの果てに流す血の涙、百雲は何を思う・・・

次回に続く。

「偽者」という言葉、かつて虎城親方に言った言葉でしたね
つまり百雲はやはり非情になり切れてないことを分かってるようです、演じてるに過ぎないということですね
今の百雲は間違いなく一人暮らしをしてるはずなので(じゃないと弟子が眠れない・・・)
もしかするとその背景には、日々苦悩している百雲の姿があるのかもしれません・・・

かつて王虎が唯一頭が上がらない相手が百雲だったことを見るに、非情を演じてる百雲の相撲はつまらないのでしょう

「刃牙道」待望「第180話」

『機は熟した』

地下闘技場には様々な面子が揃っていた、特にオリバも見に来たのがビックリだ!
ジャックの表情も刃牙を認めている雰囲気を出している、大人になったな

そして何より待望の守護キャラ・本部以蔵も登場だ!(ガイアが車椅子を動かしてご登場)
観客席から一番離れている場所だが「顔・気・思い」この距離なら伝わると言っている
遂に本部もここまでの領域に入ったのかッッ、今なら渋川先生にも勝てるんじゃないか?

唯一ご不満な点は「禁煙なのがチョット」らしい、病気の影響なのか地下闘技場でも吸えなくなったのか?!
本部の足を表現してるからして前者だと思うが…闘技場はアングラなのにそこでも喫煙禁止だったら愛煙家涙目だ

独歩ちゃんと克己は砂にぶっ刺さってる刀二本を見る

独歩「使う気満々だぜ」
克己「ここにあるということは、剣を帯びずに現れるということでしょうか」

独歩「さぁな、ジェネレーションギャップが過ぎて読めねぇや」

・・・ん?待て待て、つまり武蔵はまだ登場してないと?あれ?先週たしか座禅組んでいたよね?!
もしかすると刃牙が登場する前のシーンなのか!?(見ながら書き込んでます)

ここで花山を誰よりも尊敬している男、柴千春が思う

「なんでだ?大将の仇なのに・・・憎む気になれねぇ・・・」

この言葉、何かのフラグなのか?少なくても警視総監は憎んでると思います

モブ観衆キャラがざわつく・・・武蔵が登場した

ギョロギョロと辺りを見る武蔵、その姿を見てオリバは全身に汗を拭き出した

「噂に誘われ日本まで来たが・・・」

「噂通りの噂以上」

「こんな男が存在するのか・・・!!!」

宮本武蔵は有名ですからなぁ・・・イチローと比較したらどっちが勝つだろうか
闘気を見て強さを察するオリバも凄いが、これほど称賛するとは武蔵の実力はやはり化物だ

紅葉曰く、登場するのが早かったようだ。ほう・・・武蔵から待ち受けるというのはたしかに珍しいかも
生前の武蔵は決闘の際時間に遅れて相手をイラつかせる戦法がある、が
それは相手が強者の場合だ、となるとこの時点では武蔵にとって刃牙はまだご馳走だった

座禅を組み始める武蔵、多分腹が減ってしょうがない状態なんでしょうね

さらにざわつく観衆、刃牙が現れる空気だ
まだ登場してないのにオーラが会場を包む

そして刃牙が登場だ!というか先週でも見た

刃牙「あれ」

武蔵「ボン、何をしていた、待ちくたびれたぞ」

これも見た

しかし刃牙は武蔵の愛刀が砂に刺さってるのを見て

ニィ・・・

笑った・・・だと?

「ん?」


「~~~~ん~~~~?」

先週とほぼ同じで終わった!全然話進んでなぁい!

いつも通りですね、唯一変化があったのはバキが笑ったことでしょうか
まるで「計画通り・・・」っぽい口の笑みでした、烈と同じくリアルシャドーで同じ展開だったからか?
刃牙の立ち姿は武蔵以上に妙な雰囲気を出している、人外VS人外の戦いが今始まる

個人的に刃牙の圧勝を予想しておきます、最後は武蔵の前で欠伸をして金的喰らわしてトドメを刺して終わりです

ご馳走が消えてる描写は、まだわからないですね・・・勘の鋭い人なら察してるかもしれません
次回にその謎がわかりそうなのでとりあえず期待しておきます

次回に続く。

「第142話」鮫島、最後の十五日「感想」

◇かつての狂気の虎は・・・◇

『静かに手を下ろす王虎・・・場内の先ほどの歓声とは一変静寂に包まれてます…』

何かに反応する王虎、なんだ・・・?百雲の顔がさらに進化したのか?

怒りに狂いに狂い、狂気に満ちた百雲の顔だった。
相変わらず目がやべぇ・・・その視線の先には横綱、泡影だ

どうやら何よりも辛い勝利を手に入れたことをフラッシュバックしているようだ
そんな狂気を全く気にせず目を閉じている泡影(まるで興味がなさそう)
それを見た百雲は怒り心頭を超えている、大銀杏が無ければ怒髪天になるのでは?

「おいおい、どこ見てんだよ・・・」
王虎、ちょっとだけ表情が緩いかな?というより余裕な表情と言ったところか

あまりの殺気に場内もビビってる、百雲の親方も心配してるようだ

「ハッキョイ!!」
百雲の超強力なカチ上げが来るぞ…!





パキ キャ!!!




半端ではないカチ上げを当てたのは、王虎だった
そう、王虎もまたカチ上げを得意とする、凄い音だ・・・とてつもない威力に足を崩す百雲

「し、勝負あった・・・」

誰もが思ったが、百雲の意識はまだあった!なんとか足に力を入れて左腕を突き上げる!

それを難なく躱す王虎、全く焦っていない

怒りの業火によるカチ上げを再び繰り出す百雲、てかこれヒジ打ちじゃねーか!モロに顔!!

『百雲、一気に突き押す!出だしに喰らったカチ上げの影響も微塵も感じさせません!』

その開設者の言葉に違和感を覚える記者
「あのカチ上げが効いてない…?いや・・・違う・・・百雲もまた・・・鮫島と同じ・・・」

「土俵に全てを賭すことで 力を発揮するタイプか・・・」
百雲もまた、明日を見てない人間の一人だった。
いや泡影を殺す目的があるからそれはちょっと違うか(おい)
ようやく少しだけ王虎にダメージがあった描写が見える

『しかし王虎それを強烈に弾き返す!』

再びカチ上げで百雲を沈めようとする王虎だったが、それをも耐える百雲

「これも耐えるのかよ・・・」
記者の言葉だったが、かつて猛虎も言ってたような気がする

カチ上げというヒジ打ちバトルが終わったのか両者正面からぶつかり合う

『あーーーーーー!当たりに勝ったのは・・・』




『百雲----------!!』



◇狂おしき一途が勝り・・・◇

百雲、思った以上に強い!さすが大関候補の一人か・・・
たしかに過去の実績を見るに天才の一人だ、稽古とは言え全盛期の天鳳を寄り切ったこともある
それに加えて泡影に勝てるなら明日を簡単に捨てるほどの気迫が見て取れた
てか泡影に勝った後のことは考えてなさそう・・・

百雲が泡影を見た際、かつての勝利を思い出したシーンで少し同情した

さて王虎はと言うと、苦戦してる表情はまだ見せてない、というか冷静だ
凶虎と言われていた姿はもう無い
過去の取組を見るに、常松戦のようにワザと喰らってる可能性もある、上げて落とすみたいな
修羅と化した百雲の表情にも一切動揺など見せていない、まだ余裕があるのは間違いないだろう
しかし鮫島のことが気になって上手く相撲が取れてないようにも見える、難しいな・・・

ここからは少し話が変わりますが…王虎と百雲の取組は、現状の王虎の力を見せる話だと推測しています
上記のように百雲は闇の堕ちる前も十分に強く、それに加えて悪魔に魂を売った結果バーサーカーの力を手にしました
その結果成長した常松も食ったそれほどの力士を、王虎がどのように喰らうかという取組だと思います
百雲は・・・犠牲になったのだ・・・犠牲の犠牲にな・・・

もしそうなったら百雲があまりにも救われない
王虎の力を見せると同時に百雲も救うという両方の可能性も一応視野には入れているが
この取組で初心を思い出す可能性は今のところ少ないように見える
…それでも王虎がなんか百雲を引き出してるようにも見えるから非常に難しい…

王虎との取組で元に戻らなかった場合、百雲を救えるのはただ一人、鮫島だ

次の割がどうなるのか自分は計算が出来ないのでなんとも言えませんが
この取組が終わった後、鮫島の相手が百雲であれば救われる可能性が非常に高い

しかし鮫島本人が現在ヤバイ状態だ、鮫島クリニックが一時閉鎖どころか休館する可能性がある
副院長である常松も腕をヤられてしまった為、やはり院長である鮫島であれば百雲が救われる確率は高い

「鮫島、最後の十五日」だから全ての取組をやるとは思うが…

角界の良心から悪心へと完全に変わった百雲を王虎が戻すのか、それとも鮫島なのか、非常に見所だ
次回に続く。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。