芝浦ブログ

ソシャゲ・コンシューマーのレビューを中心に活動しています

「刃牙道」第181話・喰らわば「ネタバレ」

先週はまさかの休載!!あまりにも珍しいので目が点になりました
さて武蔵以上に奇妙な顔を持つ刃牙の身に一体何が起こったのだ?

「見渡す限りの 馳走ヶ原

おい、ダジャレかッッッ 関ヶ原のように周辺が敵だらけを比喩しているようですな

「喰らって 喰らって 飲んでも 飲んでも」

「終わりなきはずの 馳走ヶ原

「食いも食ったり 一皿たりとも 残されてなし」

「この荒涼」

「まるで関ヶ原!!

あ、戻った。厳密には関ヶ原の戦いが終わった後の描写だった
死体だけです。


「「貴様が食ったかっっ」」


「はい?」
武蔵の謎のブチ切れに刃牙も呆気を取られる

「何が・・・」
刃牙もどうやら理解出来てないようだ、いやもしかしすると裏では「計画通り」と思ってるかも

「そういうことか・・・もう食われんと お前の飯など一粒たりとも残っちゃいないとっっっ」

その言葉に相変わらず意味不明な刃牙のお姿

「自分はもうご馳走ではない」

「とそう言うことだなっっ範馬刃牙っっ!!」

・・・・・

辺りの者達も頭上に?マークがあるかの反応、無論刃牙もだ

「いや・・・あの・・・」
「マジで何言ってんのかワカンないんスけど・・・」
まるでセールスマンが困ったような素振りで武蔵に聞く刃牙

「もういい」
「毒を喰らわば皿までも」
「皿を喰らわば盆までもっっ」

「盆を喰らわば人までもっっ」
激オコプンプン丸になった武蔵はもうヤケになっている
もう何もないから刃牙を食べまぁすということか、ぴくると同じく人肉を食すということでよろしいか。

「今から為すことも その結果起こることもなんら変わりない」
「刃牙・・・」

「血の一滴までも啜りきろうぞ」

般若をさらに捻じ曲げたような顔をする武蔵、かつて佐部京一郎と出会った時の顔とは大違いだ
本部に敗れて以降の武蔵はどんどん顔芸をするようになった気がする
あの風格の方が正直好きだったなぁ…強者の余裕というか・・・

とここで審判?が両者に説明をする
「火器を除く 全ての武器使用を許されます」
「中央にたてられたこの刀剣も 使用 不使用任意とみなします」

「尚・・・これはご老公のお言葉ですが・・・」
「この試合は、どちらが「勝つか」を決めるものです」
「正々堂々は飽くまで二の次と考えてもらいたい、との事でした」

その言葉にクスッと笑う刃牙、今更すぎる徳川のジジイの態度に笑ったのか?

「「求道者」とは上べの擬態 この人は史上最悪の反則魔だぜ」
「どう取り締まろうが」

「正々堂々 フェアプレーを踏みにじってくれるってッッ」
その言葉に笑みを浮かべる武蔵

「いらぬ世話だ徳川ッッ」
「ボンの方がよほど理解っとるわっっ!!」
刃牙にも武蔵にも言われたジジイであった、ざまぁないぜ。


「それにしても・・・さっきからこれ・・・」
ん?刃牙のこの表情…何かを視ている顔だ
これはイメージだ!!今の武蔵はどう視えるのだ、刃牙よ
今度は武蔵がご馳走になっているのか?



「これって・・・ええ~~~~~~~~~~~~~~~??」




「生クリームの・・・」

「き・・・宮殿!!?」


核爆弾から生クリームの宮殿に変化した、うっそだろ・・・

『元の位置ッッ』

「あん・・・まくて辟易しそうたぜ・・・」

ということで終わった刃牙道
刃牙のイメージが変化し、生クリーム宮殿と化した武蔵
武蔵すら甘いほど緩い相手ということになったのか?そうなるとインフレすぎる展開だ

まぁ一般人が見た刃牙の動きと、渋川老の不意打ち攻撃を避けた動きを見たら納得してしまう
ゴキブリを超える瞬発力を身に着けた刃牙、遂に師匠を超えたってことで良いでしょうか?

次回はまさかの休載・・・しかし二倍祭りと書いているため二話同時に見れる可能性が高い
続く。

スポンサーサイト

「刃牙道」待望「第180話」

『機は熟した』

地下闘技場には様々な面子が揃っていた、特にオリバも見に来たのがビックリだ!
ジャックの表情も刃牙を認めている雰囲気を出している、大人になったな

そして何より待望の守護キャラ・本部以蔵も登場だ!(ガイアが車椅子を動かしてご登場)
観客席から一番離れている場所だが「顔・気・思い」この距離なら伝わると言っている
遂に本部もここまでの領域に入ったのかッッ、今なら渋川先生にも勝てるんじゃないか?

唯一ご不満な点は「禁煙なのがチョット」らしい、病気の影響なのか地下闘技場でも吸えなくなったのか?!
本部の足を表現してるからして前者だと思うが…闘技場はアングラなのにそこでも喫煙禁止だったら愛煙家涙目だ

独歩ちゃんと克己は砂にぶっ刺さってる刀二本を見る

独歩「使う気満々だぜ」
克己「ここにあるということは、剣を帯びずに現れるということでしょうか」

独歩「さぁな、ジェネレーションギャップが過ぎて読めねぇや」

・・・ん?待て待て、つまり武蔵はまだ登場してないと?あれ?先週たしか座禅組んでいたよね?!
もしかすると刃牙が登場する前のシーンなのか!?(見ながら書き込んでます)

ここで花山を誰よりも尊敬している男、柴千春が思う

「なんでだ?大将の仇なのに・・・憎む気になれねぇ・・・」

この言葉、何かのフラグなのか?少なくても警視総監は憎んでると思います

モブ観衆キャラがざわつく・・・武蔵が登場した

ギョロギョロと辺りを見る武蔵、その姿を見てオリバは全身に汗を拭き出した

「噂に誘われ日本まで来たが・・・」

「噂通りの噂以上」

「こんな男が存在するのか・・・!!!」

宮本武蔵は有名ですからなぁ・・・イチローと比較したらどっちが勝つだろうか
闘気を見て強さを察するオリバも凄いが、これほど称賛するとは武蔵の実力はやはり化物だ

紅葉曰く、登場するのが早かったようだ。ほう・・・武蔵から待ち受けるというのはたしかに珍しいかも
生前の武蔵は決闘の際時間に遅れて相手をイラつかせる戦法がある、が
それは相手が強者の場合だ、となるとこの時点では武蔵にとって刃牙はまだご馳走だった

座禅を組み始める武蔵、多分腹が減ってしょうがない状態なんでしょうね

さらにざわつく観衆、刃牙が現れる空気だ
まだ登場してないのにオーラが会場を包む

そして刃牙が登場だ!というか先週でも見た

刃牙「あれ」

武蔵「ボン、何をしていた、待ちくたびれたぞ」

これも見た

しかし刃牙は武蔵の愛刀が砂に刺さってるのを見て

ニィ・・・

笑った・・・だと?

「ん?」


「~~~~ん~~~~?」

先週とほぼ同じで終わった!全然話進んでなぁい!

いつも通りですね、唯一変化があったのはバキが笑ったことでしょうか
まるで「計画通り・・・」っぽい口の笑みでした、烈と同じくリアルシャドーで同じ展開だったからか?
刃牙の立ち姿は武蔵以上に妙な雰囲気を出している、人外VS人外の戦いが今始まる

個人的に刃牙の圧勝を予想しておきます、最後は武蔵の前で欠伸をして金的喰らわしてトドメを刺して終わりです

ご馳走が消えてる描写は、まだわからないですね・・・勘の鋭い人なら察してるかもしれません
次回にその謎がわかりそうなのでとりあえず期待しておきます

次回に続く。

「刃牙道」感服「第179話」

開幕刃牙、控室で準備をしていた

マジかよ!現在刃牙道は18巻が単行本で揃っている
基本的にバキ・範馬刃牙でも最初のボスはこれぐらいの巻で決着がつくがラスボスが控えているパターンが多い
刃牙道では武蔵が最初で最後のラスボスかと思っていたが…ここに来て揺らぐ

一応タイトル刃牙道ですからね、つい最近までは本部道でしたが

3ページに渡り普段と同じ準備運動をしていた、武蔵との戦いの準備はやはりナンセンスと思っているのか・・・

地下闘技場の案内人、名前を忘れたので検索したら松尾さんだった人が刃牙の姿を見て言葉を放つ

「天下無双を相手取ろうと人が、まるでいつもと変わらぬご様子」
「宮本武蔵殿を絶命まで追い込むと、宣言しておられる」
「心より感服申し上げます」
深々と一礼する案内人、そういえばこの人初代バキからいる方ですよね?

「ちょちょちょちょ・・・やめてくださいよ、なんでそんなに詳しいんですかッ」
刃牙もさすがに動揺している、んまぁ徳川のジジイから聞いたんじゃないかな?

「ハハ・・・あなたの隠れファンですから」

変な顔をしている刃牙、とても形容しがたい表情だ

「天下無双なにものぞ 無事のご帰還を お待ちしております」
案内人はそう言って刃牙を見送った、遂に開幕する刃牙VS武蔵

2Pに渡って闘技場に向かう描写が描かれていた
そういえば刃牙がこうやって控室から闘技場まで移動するシーンは凄く懐かしい

グラップラーシリーズではお馴染みの光景だったがバキでも範馬刃牙でもしっかりと描写されたことはなかったような…

闘技場にはすでに武蔵がいた
刃牙は武蔵が座禅を組んで待っていた様子を見て少し汗を流している

刃牙が現れたことを察した武蔵は目を開き立ち上がる

「ボン、何をしていた 待ちくたびれたぞ」

遂に両者、相まみえる
刃牙は刀が砂に刺さっているのを確認していた、対する武蔵は

「ん?」

「~~~~~~??~~~~~んん~~~~~~~~~~~~」

地平線まで続くご馳走が全て食われていた!!
※イメージです※

空!空!てか食い方が汚ねぇ!!!勇次郎とは大違いだ!!まるで変ってない!

「貴様が食ったのか 刃牙っっ」
めっちゃ汗を流し動揺していた武蔵だった



はい、ということで武蔵の負けフラグがビンビンで終わりました
刃牙と最初に顔を合わせた時はしっかり並べられたご馳走が刃牙によって食べ尽くされたようです
対する刃牙は今の武蔵はどう視えるのか?最初は核兵器によるキノコ雲だったがその脅威は去っている可能性が高い

てか最近の刃牙はもう人の領域を完全に超えている、武蔵と比べても明らかにおかしい
なんの説明もなく瞬間移動したり、渋川老も全く持って相手にならない
なんか強さの次元が超えすぎて、オラもうわかんねぇよぉ~…

全て食べられたご馳走、これはどう捉えるか。
単に刃牙の強さが見えなくなったのか、それとも武蔵が視た飯(技?)を全て吸収し武器となったのか
それとも単に食われた問題よりも、汚い食べ方の方に目がいったのかもしれない

なんにせよ刃牙と武蔵の戦いは案外早く決着がつきそう、もしくはご馳走から何かに変化して長い戦いになるのか?
先生はすでに新キャラを用意してるかもしれない、佐々木小次郎とか
武蔵は佐々木小次郎の強さに対して普通と言ってたが、自分はあまり信じてない
次回に続く。


ところでご馳走の中に日本酒も飲み干されていた、刃牙はまだ未成年だったはずだから未成年飲酒だ!
イメージと言っても刃牙の場合は時として現実を超える、もしかして酒に酔って武蔵を殺すと言ってるのかもしれない

「刃牙道」ガラス玉「第178話」

サブタイトル「最高潮、寸前」
ということは本当に刃牙VS武蔵が始まる寸前ということか?
ただバキシリーズではこうゆう煽り文はあまり信用しない方が良いことは知ってる。

ぬっ・・・と下水道のマンホールから現れる武蔵
サファリパークを抜けた武蔵は臭そうだ

「で…出たっ…!」

警察官が武蔵が出てきたことに驚いている、人間ではなく化物が現れたような表情とセリフだ
まぁバキワールドでも武蔵はもう人間の域を超えてるから当然と言えば当然か…

「人騒がせが過ぎますぜ・・・おサムライ・・・」
刑事というよりは暴力団…見たいな男が武蔵に問う

武蔵「何を騒ぐ」

「俺は散歩をしとるだけ」

「その方らが勝手に騒いどる」

ちょっとムスっとした表情で刑事にソッポ向く武蔵

武蔵の言いたいことは至極真っ当だと思ったが、警察官や自衛隊の人間を殺害している時点でアウトです
やはり現在を理解してない気がしますね、時は江戸~♪ではない

去り際に武蔵は刑事の首をトッと叩く(優しく)

手刀だが武蔵の場合は体を動かずとも相手に斬られたと思わさせる技?を持つ
その上位互換である手刀を行った結果、刑事は失禁した

武蔵「心配するな、逃げも隠れもせん」

笑顔で去っていく武蔵であった


警視庁一部うんたらかんたら、桑田智治(39歳)

「ええ…1メートルぐらいの距離ですかね・・・」

出たよこのパターン。インタビュー形式である
最近のインタビューはちょっとした出来事でも使用しているのであまり好きではない

内容
眼が凄いんすよ!あれは人の眼じゃない!
首筋をチョンっとやられて首が飛んだかと思った
え?知ってるの?!有名なの?

全部知ってた、というか至極どうでもいい内容だった


場面は変わり、大笑いしている渋川先生がご登場
「カッカッカッカッ」
渋川道場に挨拶しに来た刃牙のセリフに高笑いをしているようだ

「あの化物をぶち殺すと…」

刃牙「はい、そのつもりです」

「刃牙さん、いかに相手が希代の凶悪犯人であれ」

「それを、ホントにヤッちゃった場合、何を手にして、何を失うかは オワかりか?」

刃牙は今まで人を殺したことが無い(はず…)
シコルスキーの件・・・?あれは生きてたから無し!
渋川先生は武蔵を殺すというのが無謀というより、人を殺めるという行為を刃牙が知ってるのか聞きたいようだ

刃牙「なん~~~にも考えてませんでした」
上から見下ろす目線で無性に腹立つ顔で言葉を返す刃牙
逆に言うと顔が据わってるようにも見える

刃牙「考えるのは「送った」後でいいでしょう」
葬るという言葉から送るに変わった、この変化は何かのフラグなのだろうか
武蔵は一度本当に死んでる対象だから通常の殺すとは少し違うのかもしれない

と、そこで渋川先生が仕掛けた!

腕を掴む刃牙、合気道によって体を投げられたが、上手くいなして綺麗に足から降りる

刃牙「さすが・・・」

「カッカッカッ、そりゃアンタの方じゃ」

カッ!

刃牙の隙を見た渋川先生が喉仏に向かって中指を放った!
人間の急所の一つを本気で潰そうとした、が

それを刃牙は瞬間移動の如く上半身ごと移動しそれを躱す

刃牙「ひでぇジイちゃんだ」

「ひえ~~~・・・」

一般人が見たイメトレを実践で披露した刃牙だった、やっぱり人間じゃねぇ・・・

再び場面は変わり、東京地下闘技場

決戦・・・前夜・・・

なんだ・・・この土が膨らんでいる描写は・・・
そういえば烈戦でもあった気がする、当日は武器が大量に置かれてましたな

描写を見る限り地下闘技場で刃牙と武蔵は戦うということか・・・

個人的には刃牙VS武蔵の前に、何かありそうな気がしてならない(引き伸ばし的な意味で)
来週号で二人はもう控室みたいな展開は期待しない方が良い気がする

唐突に誰かの過去編が始まったり、武蔵のあの世編が始まったりするかもしれない
とりあえず内容が無いインタビュー系はもう勘弁して下さい

次回に続く。

「刃牙道」原始人とサムライ「第177話」

よく考えたら両者時を遡った者同時だった、再び相まみえる武蔵とぴくる、どう動くのか・・・

武蔵「花山も巨体かったが、ぴくるよ 飛びぬけとるな、おぬしゃ…」

ぴくるは驚いている

「ふむ・・・」

ぴくるは驚いている

「特に・・・何をしにきたわけじゃないが・・・」

ぴくるは驚いている

丸々1ページ全て、ピクルは驚きの表情を隠せてない。
これはもう勝負する様子が無い気がする・・・

「会いに来た」

次ページでは刑事と警察が会話をしていた
どうやらピクルの居場所を武蔵にチクった者がいるらしい

なんてことを・・・もうピクルはぴくるなのだ
これ以上ピクルをかませ犬ポジにしてしまうと扱いがジャック・ハンマーになってしまう

次ページ 両者座っていた
あれ?どうやら戦う様子はないようだ

「これ・・・これを全部、一人で食ったのか?」

山のような骨を見て少し驚いている武蔵

首都に住んでいる方、東京都下水道はサファリパークより危険なエリアなのでご注意下さい
ピクルはもしかするとサファリパークと化した下水道を無意識に守護っているのかもしれない
それが真実ならば「東京都下水道・ピクル」と名付けよう、本部の公園とはちょっと違うが・・・

「火も使わんと生で食らう・・・骨だけ・・・」

汚い水で育った哺乳類でも生で食らうピクル、さすがに腹壊すんじゃないか?
原始人だと内臓もやはり尋常ではないんだろうな、耐性が半端ではないから毒手も効かなそう

「内臓もきれいさっぱり、なるほど・・・強いわけだ」

食ってる物が違うことに感服したのか武蔵は素直に称賛している
全ての内臓すら生で食うとは・・・と思ったけど過去はレバ刺しとか食べてたから特定の部位なら現代の人間でもいけるか・・・

ピクルは骨を拾い上げて謎の液体を指につけ、武蔵に与えようとする

さすがに動揺している武蔵

「これも・・・召し上がれと・・・」

まさかのグルメバトルに展開するのか!?

武蔵はピクルの指を食べる(舐める)

謎の液体を飲み込む武蔵

「これは・・・脳漿か」

「美味い!」

美味いのかよ!
調べたら脳みそだったようだ、ふむ…我々もカニの脳みそを食べたりしてるのでなんの問題もないな

さらにピクルは謎の内臓を差し出す
妙にリアルだからこれ以上はやめてくれぇぇええ俺の敗北だぁぁぁ

「少し話さんか、ぴくる」

「これは土産にしたい、後で必ず食う、焼いて・・・

さすがに武蔵も焦りながら袋に内臓を包み込む、グルメバトルはピクルの勝利に終わった

「徳川から聞いた、一切喋れんと・・・なのに話に来た」

「ピクルもまた遠~~~い時代からやってきた 自身と同じ境遇にあることを徳川に聞いた」
「仕組みはサッパリわからんが」

話せないピクルだったが、武蔵は会うことによって理解出来るらしい

「無口なお前だが・・・思ってた通り・・・」

「存分に語られた」

「長居した」

そう言って武蔵は去る、ピクルから頂いた土産(内臓)を持って

こうして第177話は終わった、特になんの展開も無いまま終わってしまった
いやまぁ再戦は望んでなかったからこれで良かったのかも
徳川のジジイから「ピクルと戦わんでくれ」とか言われたのか?それならば少しだけ認めよう、少しだけね

武蔵が次に向かう場所は何処だろうか、今まで死闘を繰り広げた相手に会うなら花山にも会いにいくのだろうか
守護天使である本部との会話もあるかもしれない、それは見て見たい。次回に続く。

ちなみに武蔵は満足しているが、ピクルは唖然した顔のままである

このカテゴリーに該当する記事はありません。