芝浦ブログ

ソシャゲ・コンシューマーのレビューを中心に活動しています

「第142話」鮫島、最後の十五日「感想」

◇かつての狂気の虎は・・・◇

『静かに手を下ろす王虎・・・場内の先ほどの歓声とは一変静寂に包まれてます…』

何かに反応する王虎、なんだ・・・?百雲の顔がさらに進化したのか?

怒りに狂いに狂い、狂気に満ちた百雲の顔だった。
相変わらず目がやべぇ・・・その視線の先には横綱、泡影だ

どうやら何よりも辛い勝利を手に入れたことをフラッシュバックしているようだ
そんな狂気を全く気にせず目を閉じている泡影(まるで興味がなさそう)
それを見た百雲は怒り心頭を超えている、大銀杏が無ければ怒髪天になるのでは?

「おいおい、どこ見てんだよ・・・」
王虎、ちょっとだけ表情が緩いかな?というより余裕な表情と言ったところか

あまりの殺気に場内もビビってる、百雲の親方も心配してるようだ

「ハッキョイ!!」
百雲の超強力なカチ上げが来るぞ…!





パキ キャ!!!




半端ではないカチ上げを当てたのは、王虎だった
そう、王虎もまたカチ上げを得意とする、凄い音だ・・・とてつもない威力に足を崩す百雲

「し、勝負あった・・・」

誰もが思ったが、百雲の意識はまだあった!なんとか足に力を入れて左腕を突き上げる!

それを難なく躱す王虎、全く焦っていない

怒りの業火によるカチ上げを再び繰り出す百雲、てかこれヒジ打ちじゃねーか!モロに顔!!

『百雲、一気に突き押す!出だしに喰らったカチ上げの影響も微塵も感じさせません!』

その開設者の言葉に違和感を覚える記者
「あのカチ上げが効いてない…?いや・・・違う・・・百雲もまた・・・鮫島と同じ・・・」

「土俵に全てを賭すことで 力を発揮するタイプか・・・」
百雲もまた、明日を見てない人間の一人だった。
いや泡影を殺す目的があるからそれはちょっと違うか(おい)
ようやく少しだけ王虎にダメージがあった描写が見える

『しかし王虎それを強烈に弾き返す!』

再びカチ上げで百雲を沈めようとする王虎だったが、それをも耐える百雲

「これも耐えるのかよ・・・」
記者の言葉だったが、かつて猛虎も言ってたような気がする

カチ上げというヒジ打ちバトルが終わったのか両者正面からぶつかり合う

『あーーーーーー!当たりに勝ったのは・・・』




『百雲----------!!』



◇狂おしき一途が勝り・・・◇

百雲、思った以上に強い!さすが大関候補の一人か・・・
たしかに過去の実績を見るに天才の一人だ、稽古とは言え全盛期の天鳳を寄り切ったこともある
それに加えて泡影に勝てるなら明日を簡単に捨てるほどの気迫が見て取れた
てか泡影に勝った後のことは考えてなさそう・・・

百雲が泡影を見た際、かつての勝利を思い出したシーンで少し同情した

さて王虎はと言うと、苦戦してる表情はまだ見せてない、というか冷静だ
凶虎と言われていた姿はもう無い
過去の取組を見るに、常松戦のようにワザと喰らってる可能性もある、上げて落とすみたいな
修羅と化した百雲の表情にも一切動揺など見せていない、まだ余裕があるのは間違いないだろう
しかし鮫島のことが気になって上手く相撲が取れてないようにも見える、難しいな・・・

ここからは少し話が変わりますが…王虎と百雲の取組は、現状の王虎の力を見せる話だと推測しています
上記のように百雲は闇の堕ちる前も十分に強く、それに加えて悪魔に魂を売った結果バーサーカーの力を手にしました
その結果成長した常松も食ったそれほどの力士を、王虎がどのように喰らうかという取組だと思います
百雲は・・・犠牲になったのだ・・・犠牲の犠牲にな・・・

もしそうなったら百雲があまりにも救われない
王虎の力を見せると同時に百雲も救うという両方の可能性も一応視野には入れているが
この取組で初心を思い出す可能性は今のところ少ないように見える
…それでも王虎がなんか百雲を引き出してるようにも見えるから非常に難しい…

王虎との取組で元に戻らなかった場合、百雲を救えるのはただ一人、鮫島だ

次の割がどうなるのか自分は計算が出来ないのでなんとも言えませんが
この取組が終わった後、鮫島の相手が百雲であれば救われる可能性が非常に高い

しかし鮫島本人が現在ヤバイ状態だ、鮫島クリニックが一時閉鎖どころか休館する可能性がある
副院長である常松も腕をヤられてしまった為、やはり院長である鮫島であれば百雲が救われる確率は高い

「鮫島、最後の十五日」だから全ての取組をやるとは思うが…

角界の良心から悪心へと完全に変わった百雲を王虎が戻すのか、それとも鮫島なのか、非常に見所だ
次回に続く。

スポンサーサイト

「刃牙道」感服「第179話」

開幕刃牙、控室で準備をしていた

マジかよ!現在刃牙道は18巻が単行本で揃っている
基本的にバキ・範馬刃牙でも最初のボスはこれぐらいの巻で決着がつくがラスボスが控えているパターンが多い
刃牙道では武蔵が最初で最後のラスボスかと思っていたが…ここに来て揺らぐ

一応タイトル刃牙道ですからね、つい最近までは本部道でしたが

3ページに渡り普段と同じ準備運動をしていた、武蔵との戦いの準備はやはりナンセンスと思っているのか・・・

地下闘技場の案内人、名前を忘れたので検索したら松尾さんだった人が刃牙の姿を見て言葉を放つ

「天下無双を相手取ろうと人が、まるでいつもと変わらぬご様子」
「宮本武蔵殿を絶命まで追い込むと、宣言しておられる」
「心より感服申し上げます」
深々と一礼する案内人、そういえばこの人初代バキからいる方ですよね?

「ちょちょちょちょ・・・やめてくださいよ、なんでそんなに詳しいんですかッ」
刃牙もさすがに動揺している、んまぁ徳川のジジイから聞いたんじゃないかな?

「ハハ・・・あなたの隠れファンですから」

変な顔をしている刃牙、とても形容しがたい表情だ

「天下無双なにものぞ 無事のご帰還を お待ちしております」
案内人はそう言って刃牙を見送った、遂に開幕する刃牙VS武蔵

2Pに渡って闘技場に向かう描写が描かれていた
そういえば刃牙がこうやって控室から闘技場まで移動するシーンは凄く懐かしい

グラップラーシリーズではお馴染みの光景だったがバキでも範馬刃牙でもしっかりと描写されたことはなかったような…

闘技場にはすでに武蔵がいた
刃牙は武蔵が座禅を組んで待っていた様子を見て少し汗を流している

刃牙が現れたことを察した武蔵は目を開き立ち上がる

「ボン、何をしていた 待ちくたびれたぞ」

遂に両者、相まみえる
刃牙は刀が砂に刺さっているのを確認していた、対する武蔵は

「ん?」

「~~~~~~??~~~~~んん~~~~~~~~~~~~」

地平線まで続くご馳走が全て食われていた!!
※イメージです※

空!空!てか食い方が汚ねぇ!!!勇次郎とは大違いだ!!まるで変ってない!

「貴様が食ったのか 刃牙っっ」
めっちゃ汗を流し動揺していた武蔵だった



はい、ということで武蔵の負けフラグがビンビンで終わりました
刃牙と最初に顔を合わせた時はしっかり並べられたご馳走が刃牙によって食べ尽くされたようです
対する刃牙は今の武蔵はどう視えるのか?最初は核兵器によるキノコ雲だったがその脅威は去っている可能性が高い

てか最近の刃牙はもう人の領域を完全に超えている、武蔵と比べても明らかにおかしい
なんの説明もなく瞬間移動したり、渋川老も全く持って相手にならない
なんか強さの次元が超えすぎて、オラもうわかんねぇよぉ~…

全て食べられたご馳走、これはどう捉えるか。
単に刃牙の強さが見えなくなったのか、それとも武蔵が視た飯(技?)を全て吸収し武器となったのか
それとも単に食われた問題よりも、汚い食べ方の方に目がいったのかもしれない

なんにせよ刃牙と武蔵の戦いは案外早く決着がつきそう、もしくはご馳走から何かに変化して長い戦いになるのか?
先生はすでに新キャラを用意してるかもしれない、佐々木小次郎とか
武蔵は佐々木小次郎の強さに対して普通と言ってたが、自分はあまり信じてない
次回に続く。


ところでご馳走の中に日本酒も飲み干されていた、刃牙はまだ未成年だったはずだから未成年飲酒だ!
イメージと言っても刃牙の場合は時として現実を超える、もしかして酒に酔って武蔵を殺すと言ってるのかもしれない

「141話」鮫島、最後の十五日「感想」

「大関・・・そろそろ・・・」

「ちなみに鮫島は・・・まだ診療所でぶっ倒れてるみたいです・・・」

ちなみにこの付け人は田上ではない
最初は田上!?かと思ったが顔がやや細いから違う人間だ

「チッ・・・失望させる・・・」
この失望させるという意味は、鮫島との取組が出来ない可能性が出て来たと王虎が思ったからなのでは・・・?
もしくは仮に取組があっても鮫島が万全ではない状態ことを指しているのかもしれない

「もっと氷を持ってこい!」「水分も補給しないと・・・」「体温を下げるんだ!」

診療所は大混乱、常松の指示の元、鮫島を少しでも状態を良くしようと必死だ
もはや呼吸困難に陥る寸前の姿は、見ていてこちらも苦しくなる・・・

椿は思い出していた、マッサージャーの言葉だ
もう鮫島の体は限界・・・手遅れになる前に止めて上げほしい・・・
解かってはいるけど鮫島の気持ちを一番理解している椿だからこそ悩むのは仕方がないことだ

そんな時、一人の力士が現れる

「椿ちゃん!」

「ちょっと、顔貸してくれるか・・・?」

善悪の無い笑顔で登場した飛天翔こと石川だ!
この流れは…鮫島の状態を椿に告げるのではないか…?
石川と同じ症状が出てることを告げられたら…椿はどう思うのか・・・


『さぁ結び前注目の一番が始まります!』

少し心を切り替えて、遂に王虎と百雲の取組が始まる!光と闇の戦いだ!

『未だ負けなし王虎!』
うむ、全盛期の虎城親方のような雰囲気があります

『その非情な相撲で大関を喰らうか百雲!』
眼が完全にイッてて不覚にも笑った
王虎とのギャップがさらに引き立てる、さすがガシャドクロである

虎城親方解説曰く、王虎は心身ともに充実しているが、そのような時こそ僅かな隙が出るとのこと
百雲は己を貫き、王虎に浸食できるかどうか・・・互いの思考、イデオロギーの強さが勝敗を分ける

うーん・・・イデオロギーという意味があまりわかりませんが
どちらが根本を支えられ続けられるかが、勝負のカギということでしょうか

それにしても浸食という言葉・・・細菌か何かかな?
悪しき細菌と化した百雲に対して、王虎はどう攻略するのか・・・

再び場面は変わり石川と椿の会話だ

「えっ・・・」

石川「いや・・・もちろんはっきりとは言えねーんだけど・・・そうあってほしくはねーし・・・考えたくもねぇ・・・」

「ただ鮫島の症状は、あまりにも俺と同じで・・・」

「慢性外傷性脳症・・・」

「俺たちみてーな体で・・・アレだけの取組をしてりゃ・・・だとしても不思議じゃねぇんだ…」

その言葉に、愕然としている椿だった
ただでさえ危機感を感じているのに、実際はもっとヤバかったという事実
石川もハッキリとは言えないと言ってるが・・・

椿「なんで・・・どうして・・・あんなに相撲に一途で・・・あんなに相撲が好きな奴なのよ・・・」

「なんで・・・どうすればいいの・・・」

本当にどうすればいいんだ・・・
今にも現実に押し潰されそうな椿に、石川は真っ直ぐとして目で答える

「誰にも言わねぇと思う、たとえ兄弟弟子だろーと・・・親方だろーと・・・」

「アイツはああ見えて気遣うだろ・・・心配なんて死んでもしてほしくねーはずだ」

「何より 止まらねーだろ」

「俺の目から見ても今の鮫島の相撲は、一番一番良く・・・いや・・・」

「えげつねーほど 凄くなってる」

「俺には鮫島がいた・・・だからここで止まることが出来た」

「アイツも土俵でなら、止まれる力士がいるかもしれねぇ」

「でもよ・・・椿ちゃん・・・君なら土俵の外から、唯一鮫島を止められるんじゃねーか?」

「入門からずっと側で力士として生きて来た鮫島を、見て来た君ならきっと・・・」

「もう土俵を下りちまった俺には・・・止めてやることも隣に立ってやることも出来ねーから・・・」

「ダチなのに・・・」

「だから椿ちゃん・・・悪ーけど・・・本当・・・なっさけねーけど・・・頼むわ・・・」

「鮫島を・・・孤独に突っ走らせないでくれ・・・」

「頼む・・・」

石川、最後は男泣きで椿に今の鮫島を止めてほしいと頼んだ
友人のために頭を下げ、涙を流せる男は今の世の中にはあまりいない
唯一土俵の外で止められるのは、椿だけだと石川は思っている
たしかにその通りだが・・・うーむ・・・複雑な思いが重なってしまうな・・・

そして土俵に戻り

『さぁ時間いっぱい!両者仕切り線へと進みました!』

王虎ー!やっちまえ! ボコボコにされろ百雲! 正々堂々と勝負しろ!

観客よ、気持ちは分かるがここはプロレス会場ではないぞ
一人二人ならともかく、全員が怒涛に叫んでいる。ブーイングの嵐ってレベルじゃねぇぞ!

それを耳にしても百雲は常松との取組と変わらない思いのようだ
というかそれ以上に顔がやばい

そんな百雲を見た王虎は

「おい・・・」

「つまらねー相撲取るんじゃねーぞ・・・」

「俺は今・・・」

「機嫌が悪い・・・」

『非情の前に激昂の力士、立ち塞がる!』

静かな怒りを込めている表情の王虎だった、昔のような荒々しい怒りではない
鮫島との取組が出来ないかもしれない状況に、非常に腹を立てているようだ
あれ?もしかして闇と闇の戦いですかな?

虎城親方が言っていた隙が出ている状態かもしれない
しかしかつて親方は「この俺にも奴の実力は図れない」と言っている
仮に隙を突かれても、圧倒的な実力差で百雲を圧倒するのではないか?
それほど貫禄ある王虎に成長している姿は、是非雑誌で見て頂きたい

次週は王虎と百雲の取組がメインとなるだろうが、上記のように圧倒的な差を見せつけてほしい

鮫島の件で少し思うことがある、「孤独」という言葉だ
本当に孤独なのだろうか?
BURSTのラストでは沢山の人に支えられている描写があり、感謝をしていた
今まで支えて来た仲間達がいたから、今の鮫島がいると思う。最終章である今作品でもそれが見て取れる
「土俵の孤独」というのは、別の意味なのかもしれないが・・・その答えはこの取組が終わった後に分かるかもしれない


とりあえず百雲よ、毘沙門以上に壊れてくれ
それか最後に男を見せるなら負けた瞬間その場で髷を切るぐらいの勢いを見せてくれ

「刃牙道」ガラス玉「第178話」

サブタイトル「最高潮、寸前」
ということは本当に刃牙VS武蔵が始まる寸前ということか?
ただバキシリーズではこうゆう煽り文はあまり信用しない方が良いことは知ってる。

ぬっ・・・と下水道のマンホールから現れる武蔵
サファリパークを抜けた武蔵は臭そうだ

「で…出たっ…!」

警察官が武蔵が出てきたことに驚いている、人間ではなく化物が現れたような表情とセリフだ
まぁバキワールドでも武蔵はもう人間の域を超えてるから当然と言えば当然か…

「人騒がせが過ぎますぜ・・・おサムライ・・・」
刑事というよりは暴力団…見たいな男が武蔵に問う

武蔵「何を騒ぐ」

「俺は散歩をしとるだけ」

「その方らが勝手に騒いどる」

ちょっとムスっとした表情で刑事にソッポ向く武蔵

武蔵の言いたいことは至極真っ当だと思ったが、警察官や自衛隊の人間を殺害している時点でアウトです
やはり現在を理解してない気がしますね、時は江戸~♪ではない

去り際に武蔵は刑事の首をトッと叩く(優しく)

手刀だが武蔵の場合は体を動かずとも相手に斬られたと思わさせる技?を持つ
その上位互換である手刀を行った結果、刑事は失禁した

武蔵「心配するな、逃げも隠れもせん」

笑顔で去っていく武蔵であった


警視庁一部うんたらかんたら、桑田智治(39歳)

「ええ…1メートルぐらいの距離ですかね・・・」

出たよこのパターン。インタビュー形式である
最近のインタビューはちょっとした出来事でも使用しているのであまり好きではない

内容
眼が凄いんすよ!あれは人の眼じゃない!
首筋をチョンっとやられて首が飛んだかと思った
え?知ってるの?!有名なの?

全部知ってた、というか至極どうでもいい内容だった


場面は変わり、大笑いしている渋川先生がご登場
「カッカッカッカッ」
渋川道場に挨拶しに来た刃牙のセリフに高笑いをしているようだ

「あの化物をぶち殺すと…」

刃牙「はい、そのつもりです」

「刃牙さん、いかに相手が希代の凶悪犯人であれ」

「それを、ホントにヤッちゃった場合、何を手にして、何を失うかは オワかりか?」

刃牙は今まで人を殺したことが無い(はず…)
シコルスキーの件・・・?あれは生きてたから無し!
渋川先生は武蔵を殺すというのが無謀というより、人を殺めるという行為を刃牙が知ってるのか聞きたいようだ

刃牙「なん~~~にも考えてませんでした」
上から見下ろす目線で無性に腹立つ顔で言葉を返す刃牙
逆に言うと顔が据わってるようにも見える

刃牙「考えるのは「送った」後でいいでしょう」
葬るという言葉から送るに変わった、この変化は何かのフラグなのだろうか
武蔵は一度本当に死んでる対象だから通常の殺すとは少し違うのかもしれない

と、そこで渋川先生が仕掛けた!

腕を掴む刃牙、合気道によって体を投げられたが、上手くいなして綺麗に足から降りる

刃牙「さすが・・・」

「カッカッカッ、そりゃアンタの方じゃ」

カッ!

刃牙の隙を見た渋川先生が喉仏に向かって中指を放った!
人間の急所の一つを本気で潰そうとした、が

それを刃牙は瞬間移動の如く上半身ごと移動しそれを躱す

刃牙「ひでぇジイちゃんだ」

「ひえ~~~・・・」

一般人が見たイメトレを実践で披露した刃牙だった、やっぱり人間じゃねぇ・・・

再び場面は変わり、東京地下闘技場

決戦・・・前夜・・・

なんだ・・・この土が膨らんでいる描写は・・・
そういえば烈戦でもあった気がする、当日は武器が大量に置かれてましたな

描写を見る限り地下闘技場で刃牙と武蔵は戦うということか・・・

個人的には刃牙VS武蔵の前に、何かありそうな気がしてならない(引き伸ばし的な意味で)
来週号で二人はもう控室みたいな展開は期待しない方が良い気がする

唐突に誰かの過去編が始まったり、武蔵のあの世編が始まったりするかもしれない
とりあえず内容が無いインタビュー系はもう勘弁して下さい

次回に続く。

「140話」鮫島、最後の十五日「感想」

辺りに言葉は無く・・・王虎以外は驚きを隠せていなかった

「勝負あり!勝ったのは鮫島-----!」
一気に怒涛の歓声が巻き起こる!

ここで前回の間違いに気づく
決まり手は掬い投げでした、ニワカ丸出しである。恥ずかしい

ここで虎城親方の解説が始まる

「その体格差から天雷は確実に力で潰しにいきました」
「しかし鮫島はそれを気迫だけで押し返した」

「天雷の敗因は一気に勝負を決めようとした投げ」
「そして鮫島の勝因は、天雷にそうしむけたということでしょうな」

「壊れる覚悟で・・・」

やはり天雷の力を利用して勝利を勝ち取った感じなのでしょう、壊れる覚悟で・・・

天雷は涙を流しながら思う

「出来ないんだよ・・・頭でどんなに理解しようとしても・・・」

「鮫島・・・お前のようには普通・・・出来ないんだ・・・」

「クソ・・・言いたくないが・・・思いたくないが・・・思い浮かんでしまう」

「お前は・・・異常だ・・・」

「そうやってお前はずっと・・・土俵で一人でずっと・・・」

「すまない・・・俺はお前の隣りに立ってやれなかった・・・俺にお前を止められる力が無かった・・・」

「すまない・・・孤独にしてしまって・・・」

「すまない・・・」


鮫島は異常、正直それは思う・・・明らかなオーバーワークと同じだ
相撲が好きなのはわかるが・・・好きを通り越しているのも事実、しかし鮫島は自分の体にもう時間が無いことを知っている
どちらの意見に賛同できるかと言われたら、出来ないな・・・鮫島の気持ちも分かるし・・・

天雷は鮫島を救いたかったようだが、これに関しては分かり合えないだろうなぁ…
肉体の力はあっても、救える力が無かったことにすまないと言い続けている気がします


こうして鮫島と天雷の取組は終わった
「下がる天雷に涙が見えます、それほど同期との取組に思い入れがあった」と解説者は言ってるが
その涙はそんな安いものではないぞ・・・

解説者も後援者も優勝が見えて来たと喜んでいる
しかし椿は違っていた、やはり常に鮫島の傍にいたからこそ喜べない

「何か凄く残酷に見えて・・・」

天雷と同じ思いなのだろうか・・・それとも何か他に・・・

土俵を去り、支度部屋に戻る鮫島に石川が登場
やばい、鮫島の意識がないぞこれは、それを悟ったのか記者をあしらう石川

肩を貸してようやく石川の存在に気づく鮫島
石川「バカヤローが、俺の張りパクリやがって・・・でも甘めーな俺なら一撃で決めてたぜ」

鮫島「うるせー・・・」

石川「ハハッ・・・そんな口効ければ大丈夫だな」
石川と鮫島とのこういったやり取り、凄い好きです。やっぱ優しいな





鮫島「そう言うお前は・・・今日・・・勝ったのかよ・・・」





え?

大吉「な、なにを言ってるんですか・・・飛天翔関は鯉太郎さんとの一番を最後に引退したじゃないですか」


鮫島「ああ・・・そうだっけ・・・

手の震えに気づく石川

「鮫・・・島・・・お前・・・」


やばい

取組が激しすぎたから記憶が飛んだとか言うレベルではない
たしかに石川との取組後に手の震えはあったが、今までこんな記憶が飛ぶことがあっただろうか
鮫島が石川が引退したことを忘れた言葉には鳥肌が立った
天雷戦まではまだ希望を捨てきれなかったが・・・終わりが近いのかもしれない・・・

このまま本当に「鮫島、最後の十五日」となるのか、それとも「情熱よ、残酷を超えろ」なのか
後者であってほしい・・・が、これは非常にマズイ状況になってしまっている

次の取組はこれ・・・大丈夫なのか?
もしかすると親方の禁断の言葉が告げられる可能性が出て来た・・・

次回に続く。

「刃牙道」原始人とサムライ「第177話」

よく考えたら両者時を遡った者同時だった、再び相まみえる武蔵とぴくる、どう動くのか・・・

武蔵「花山も巨体かったが、ぴくるよ 飛びぬけとるな、おぬしゃ…」

ぴくるは驚いている

「ふむ・・・」

ぴくるは驚いている

「特に・・・何をしにきたわけじゃないが・・・」

ぴくるは驚いている

丸々1ページ全て、ピクルは驚きの表情を隠せてない。
これはもう勝負する様子が無い気がする・・・

「会いに来た」

次ページでは刑事と警察が会話をしていた
どうやらピクルの居場所を武蔵にチクった者がいるらしい

なんてことを・・・もうピクルはぴくるなのだ
これ以上ピクルをかませ犬ポジにしてしまうと扱いがジャック・ハンマーになってしまう

次ページ 両者座っていた
あれ?どうやら戦う様子はないようだ

「これ・・・これを全部、一人で食ったのか?」

山のような骨を見て少し驚いている武蔵

首都に住んでいる方、東京都下水道はサファリパークより危険なエリアなのでご注意下さい
ピクルはもしかするとサファリパークと化した下水道を無意識に守護っているのかもしれない
それが真実ならば「東京都下水道・ピクル」と名付けよう、本部の公園とはちょっと違うが・・・

「火も使わんと生で食らう・・・骨だけ・・・」

汚い水で育った哺乳類でも生で食らうピクル、さすがに腹壊すんじゃないか?
原始人だと内臓もやはり尋常ではないんだろうな、耐性が半端ではないから毒手も効かなそう

「内臓もきれいさっぱり、なるほど・・・強いわけだ」

食ってる物が違うことに感服したのか武蔵は素直に称賛している
全ての内臓すら生で食うとは・・・と思ったけど過去はレバ刺しとか食べてたから特定の部位なら現代の人間でもいけるか・・・

ピクルは骨を拾い上げて謎の液体を指につけ、武蔵に与えようとする

さすがに動揺している武蔵

「これも・・・召し上がれと・・・」

まさかのグルメバトルに展開するのか!?

武蔵はピクルの指を食べる(舐める)

謎の液体を飲み込む武蔵

「これは・・・脳漿か」

「美味い!」

美味いのかよ!
調べたら脳みそだったようだ、ふむ…我々もカニの脳みそを食べたりしてるのでなんの問題もないな

さらにピクルは謎の内臓を差し出す
妙にリアルだからこれ以上はやめてくれぇぇええ俺の敗北だぁぁぁ

「少し話さんか、ぴくる」

「これは土産にしたい、後で必ず食う、焼いて・・・

さすがに武蔵も焦りながら袋に内臓を包み込む、グルメバトルはピクルの勝利に終わった

「徳川から聞いた、一切喋れんと・・・なのに話に来た」

「ピクルもまた遠~~~い時代からやってきた 自身と同じ境遇にあることを徳川に聞いた」
「仕組みはサッパリわからんが」

話せないピクルだったが、武蔵は会うことによって理解出来るらしい

「無口なお前だが・・・思ってた通り・・・」

「存分に語られた」

「長居した」

そう言って武蔵は去る、ピクルから頂いた土産(内臓)を持って

こうして第177話は終わった、特になんの展開も無いまま終わってしまった
いやまぁ再戦は望んでなかったからこれで良かったのかも
徳川のジジイから「ピクルと戦わんでくれ」とか言われたのか?それならば少しだけ認めよう、少しだけね

武蔵が次に向かう場所は何処だろうか、今まで死闘を繰り広げた相手に会うなら花山にも会いにいくのだろうか
守護天使である本部との会話もあるかもしれない、それは見て見たい。次回に続く。

ちなみに武蔵は満足しているが、ピクルは唖然した顔のままである

「ゴ魔乙」これから始める方&初心者の方へ「攻略・・・?」

ゴシックは魔法乙女、略してゴ魔乙。


自分もまだ半年ぐらいしかプレイしていない身なので、アドバイスが出来るかと言われたら非常に難しい・・・
なのでこちらの記事を鵜呑みにしますと今後マイナスに影響する可能性があるのでご注意下さい(ぇ)

10月10日にリゼロコラボが始まるため、新規ユーザーが増えるかもしれないと思い記事を書くことにしました



まず最初に、公式で公開されている「脱初心者!への道」・ファミ通の攻略サイトにある「初心者はまずここを見なさい」

新規キャンバjjス
上記二つを見て普通に理解し、プレイしてる方なら問題ないのだが・・・

ぶっちゃけるとわかりにくい・・・というか覚える部分が多すぎる!


実際このゲームを勧めて来た人物も「よくわからないが、とりあえずなんとなくやってる」というのが回答だった
それでも遊べるのも事実なので、それで一向に構わんッ!という方であれば特に見る必要がないかもしれません
(習うより慣れろがまさにゴ魔乙)
ただショットに関しては動画でも紹介されているので、ショットの使い方・評価を知りたい場合は是非見た方がいいです


ということで個人的にですが上記よりも分かり易く、自分がお世話になっているサイトをご紹介します

ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!~ゴ魔乙攻略wiki
通称「黒wiki」、googleで「ゴ魔乙 攻略」と検索したら大体上に出てくるので見たことがあるかもしれません
ファミ通のサイトよりは理解しやすいが、始めたばっかだと完璧に理解するのは難しいかも…
一週間ぐらいゴ魔乙をプレイした後に見ると、意外とすんなり吸収出来ます
学園編のコミュニケーション(三択)で一番ベストな回答なども載っているため、お世話になってます
ファミ通サイトよりこっちの方が盛り上がってるような…

「知らないwiki」 
URLを貼ってはいけない(戒)かもしれないので、ご自身で検索して下さい「ゴ魔乙 知らない」など
ゴ魔乙を始めてみようかなぁと悩んでる人・始めたばかりの人は黒wikiよりも分かり易いです
まずはここを見てキャラクターの詳細や初心者Q&Aなどを見よう!好きなキャラが見つかるかもしれない!
ゴ魔乙の基礎的な要素が簡単に分かるサイトです、全て細かく理解したいなら黒wikiも見ましょう
それにしても…とても楽しんでゴ魔乙をやっているようだ(羨ましい)
ファミ通サイトよりこっちの方が盛り上がってr

上記二つがオススメするサイトです、これらを見れば最初何をすればいいのか大体わかるかと思いますので是非見て下さい!


ここから下はあまり参考になるかわかりませんが…
実際にゴ魔乙をインストールした後からデイリーが完了する辺りまでの流れをザックリですが記入しておきます

1.インストール終了後、スタートダッシュガチャを回すのを推奨
(☆5確率2倍と表記されているが、実は確定で1枚貰える)はず…
ただしガチャのラインナップによってはスルーしても良いです

2.イベントが開催されていたら優先的にイージーからデスを周回
特に難易度デスは最もポイント効率が良いです(イベが無かったらメイン・曜日クエを周回)

3.ヘルパーはレベル70のキャラがいたら優先的に使用、有利属性がいたらそちらを優先してもいい

4.ヘルパーで使用した後はフレンド申請をしまくる、フレンドが追加されたらエールを送る

5.エーテルスコア大会はおまかせ編成でいたらダメ元で挑戦する感じでいい

6.スコア大会が開催されていたら一回だけでもクリアする

7.ランク5になったらおでかけをする、時間5分をとりあえず3回しましょう

8.おでかけ3回行ったら乙女の学園が解放、先輩乙女などはおまかせで良いのでとりあえず試合をしておく

9.ランク15になったら超適当でいいのでギルドに入る(ウサギがオススメして来た場所とかでいい)

10.ガチャの画面に移動し、マナガチャを一回回す(回せなかったらステージを周回)

11.ミッションを埋めてデイリーを完了させる

たしかギルドに関しては画面に行っただけで完了するので、無理に加入しなくても良いかもしれません
キャラのレベルは上げなくていいの?と思う方がいると思いますが
序盤はレベル上げに必要なアイテムが非常に少ないので
強力なショットが手に入ったらそちらを優先してレベルを上げましょう
どうしてもスコアがS取れないorクリア出来ない場合はレベルを上げても構いません


以上が初日でデイリーを消化出来る一連の流れです
多いじゃないか!と思いますが初日だと色々やることが多いから仕方ないね。
慣れるとデイリーは10分ぐらいで終わります

+各種設定のオススメ設定(ホーム画面の右にある←をタップ、メニューから各種設定)

特にウェイト設定はオンを推奨、時を遅くすることが可能です
クリア出来ないステージがある場合は、これを使用するとクリア出来る可能性が非常に高くなります


最後に当時自分がわからなかった所を自問自答してみます


『プレミアムロロイは購入した方がいいのか?』

とりあえずゴ魔乙をやってみてハマったなら購入しましょう
初回限定ですが7日間のカードが120円で購入出来るので、まずはそちらから。様子見するのも有りです
正直メリットだらけです、特に魅力的なのがマジカルリング・リングズームが最大の状態(LVMAX)で遊べる所です
始めた時は24時間限定で無料のプレロロに加入しているので、契約が切れた後驚くかと思います
おでかけ・学園システムも向上され、エールを送れる量も魅力的
通常で買うと月1600円と少し高いですが…それほどの価値はあると思います


『祈りってなんだぁ?』
リング内で敵を倒すと拾える通称マテリアル、これを貯めて使用することで様々な恩恵が得られる
が、何を上げればいいのかサッパリわからん!と思うかと思います、方向性によって上げ方が違うのでご説明します

「これからプレロロを継続的に購入し、少しでもスコアを伸ばして将来海賊王になりたい方」
魔力が上がる祈りを最優先に上げましょう、スコアタのスケジュールはゲーム内で記載されてるので
それに合わせて重点的に魔力を上げてもいいかも
(例えば次回のスコアタがの有利属性が闇だった場合、光・闇の祈りを中心に上げる)

「プレロロは継続的には購入しないと思う・または購入しない方の場合」
マジカルリング・リングズームのみを均等に上げていきましょう、とりあえず50%を目標に


『おでかけ』
おでかけシステムは最初二人だけしか出来ませんが、石100個使用することによりおでかけ人数を増やせることが可能
最大で五人とおでかけ出来ます(300石必要)、人数を増やした方がいいのかと言われたら
絶対に増やした方がいいです、元が取れるどころか+になって帰ってきます
探索マップには石が貰えますエリアがあります、詳しくはマップをご覧下さい
ガチャよりまずこちらに石を優先的に注ぎこんだ良いと思います、最初は歯がゆいかもしれませんが後で沢山貰えます

おでかけする場所を増やすのは探索マップで追加・おでかけする時間はリアルとご相談
5分が一番効率が良いらしいですが超面倒なので自分は1時間を中心に、寝る前などは4時間or8時間です


『デイリー以外で石回収の方法』
ログイン&キャンペーンボーナス、イベント・メインストーリー・曜日クエのクリア報酬でゲット
キャラの親密度をMAXにする・ギルドに参加しバトルをする・お出かけの探索マップで入手


『沼らないガチャの回し方』
ゴ魔乙は初回半額が基本なので、回すにしても初回だけにしましょう
ガチャ更新は二日に一回という超ハイペースです、復刻するのも早いので、再び半額になるまで待つことが大切です
ただしコラボガチャ・イベントガチャの復刻は今のところないのでご注意下さい
1.5倍ガチャはあまりオススメ出来ません…
最近は確率が高いガチャが増えつつあるので、そちらを優先的に回すのがオススメです
無課金の場合は確定ガチャで確実に☆5を手に入れるか、10連の方でワンチャン狙うか決めた方が良いかと思います
どうしても追いかけたい場合は提供割合を見て決めましょう
単発で狙うのはかなりキツイですが一応ワンチャンは…あると思います…
魔法少女のガチャは全く美味しくないので回さないように


『課金をする場合、何を購入した方がいいんだ?』
初回・月初め・福袋とありますが
キャラ付きの福袋を購入することを強くオススメします
9800円と高いですが1100石+☆5キャラが付いてきます(しかも強いのが多い)
子出しで課金した結果、福袋が買える金額になっていたら元も子もないので思い切って購入しましょう(自分がそうだった)
なお福袋の中身は吟味するように、中身のショットをサイトで調べたり・お試しショットでやってみて購入することが吉です
「微課金の場合は初回・月初めの3000円を購入することをオススメします」
もしドラゴンドーン・クロスブレードが入っている福袋が実装されたら微課金者でも買うことを絶対にオススメします


『ガチャを回していたら使い魔枠がパンパンになってしまった!』
☆5の場合は、限界突破させましょう。売却するのは非常にもったいないです
☆4は強いショットなら限界突破させる手段も全然有りです、他は売却しても良いかと
☆3はダブった場合売却することをオススメします
それでも使い魔枠が満員な場合は、ショップで石5個で購入出来る使い魔枠拡張を買いましょう(サポートにある)
祈りでも増やすことは出来ますが、あまり推奨出来ません…
間違ってもダブってないキャラは売らないように、エーテルスコア大会なので使用する場合があります


『売却したらドロップに変わったけど、これ何に使うの?』
ガチャの一番下にあるドロップガチャを回すことが出来ます、ウサギから交換をオススメされますが罠です
ただ回すより貯めた方がいいと思います、豪華なキャラクターと交換出来るチャンスがあるからです


『ギルドバトルでオススメなショットは?』
道中は慣れるまで正直誰でもいいんですが…
自分はホーミング改を使用することをオススメします。非常に扱いやすく、ボスにも有効です
上記のショットは比較的手に入りやすいのも理由の一つです
後はサポートでクロスブレードなどがあったら積極的に使わて頂きましょう
サポートは全体攻撃が良いです、緊急回避用・大きい敵に打った際に稼ぐことが可能
設置はボスがこのままだと倒せない!時に結構刺さるので、1枠だけいれるのも有りです


『学園の試合のアドバイスを教えなさい』
俺が教えてほしい 後面白くないぞこれは
とりあえず12時・0時にリセットされるランチを上げて均等にテンションを上げましょう
一人だけテンションを上げまくっても勝てないことが多い気がします
後は試合開始をしたらただ突っ立ってるだけで終わります
勝ちを優先するなら下位との対戦を推奨、同位でも勝てる時は勝てます
馬鹿野郎俺は勝つぞなら上位と戦ってもいいのかも、負けても苦情は受け付けません!
後やっぱり面白くないぞ


以上となります
他に質問等などがあれば拍手機能のコメントで送って頂くか、ツイッターでも構わないのでお気軽にどうぞっ
ただ自分もまだわからない部分が多いので、逆に訂正した方がいい箇所がありましたら遠慮なく伝えて下さい
それでは最後まで見て頂いた方がいましたらありがとうございました!

一応youtubeで主にゴ魔乙の動画や生放送をしてますのでよろしければ見てください☺
配信随想録 二条



オマケ

『石油王の方』
石を無限のように買いましょう、プラチナトロフィーで固めたい場合は最強キャラが揃える+ランクを200ぐらい上げてスコアタに挑みます
ドラドン・クロブレ…というよりも評価がSS・Sなショットを全て集めましょう、もちろん全属性です
スキルも全て集めます。特に範囲攻撃・ラブマ・吸収・追尾貫通弾は完璧に揃えましょう
ガチャが更新されたら必要な☆5を5枚手に入れて限界突破をカンストさせましょう
親密度はラブマックスフラワーを無限にように購入し、無理矢理上げて転生させます
お出かけは親密度をEPに変換、全キャラのマップにある魔力エリアを全て解放しましょう
マテリアルだけは限界があるので超絶周回してかき集めましょう
ついでにランクも200ぐらい上げておけばコストの心配もありません
強力なギルドに入り、オーブを集めて超強力なチャームを手に入れて魔力を底上げしましょう(愛のオーブがオススメです)
才幹の樹を育てるのはどうしても時間がかかるので、そこは各自の判断でお願いします
プレイヤースキルに自信がない場合・周回するのがメンドクサイ場合は
STGガチ勢や周回代行をする人を雇い、高見の見物でトップランカーに君臨しましょう☻

「ゴ魔乙」8月~9月「記録」

夏だ!ソシャゲの大型イベント・ガチャが始まる!
夏だ!海だ!はもう時代が古いのだよ…

ということでこの記事では8月~9月まで印象に残った部分を書こうかと思います

8月からガチャは基本的にyoutubeに動画を上げていますが、この記事では一部を抜擢しています
全部上げたらとんでもないことになってしまう・・・

8月6日:援護範囲スキルガチャ


ここまでのガチャ運は、ドラドン二枚を手に入れたことも考えると運が良い方でした
しかしここから運がどこかに逃げる

8月9日:水着イベント開始

ひゃっはー!水着イベだー!かなり走りました
なぜかと言うとアクティブランキング上位に入ると、なんと下記の☆5キャラが全て手に入るのだ!

ショット自体はそこまで強くないが、SDが可愛すぎる
元々以前からSDが実装されていたようで…持っている人が羨ましく指を咥えて見てました
各キャラでランキングが設置されており、300位以内?に入ることで全てのSDキャラが貰える
ということでスフレちゃんのみを超周回

8月9日:リゾートガチャ(夏ガチャ)

確率はほんのちょっと上がり2.5倍だが爆死
結局リベンジも爆死…唯一リリーのガチャで☆5が来た!でもDDPはどう上手に扱えばいいんだぁ…

8月11日:ラナンバースデーガチャ

爆 死 ☠
10倍界王拳でも来なかった…ラナン事件とか言ったからこうなったんだ、許して!

8月12日:第115回スコア大会
やったぁ!初のプラチナトロフィーだぁ!ではありません、実は7月29日が初でした…
不可能と思っていたプラチナをなぜゲット出来たかと言うと、全部ドラドンのウィンダムちゃんのおかげ
しかも風はスキルも豊富で、援護範囲・吸収・ラブマの三種の神器が揃っていたのが幸い

まさか取れるとはなぁ…やはりドラドンは化け物

そんなこんなでゴ魔乙ライフを楽しんでいた所、密かに新企画が少しずつ完成しつつあった

新章・学園編である、とりあえずパっと見だと一番左の子がタイプでした☺

8月19日:第116回スコア大会
連続でプラチナトロフィーを獲得 もしかしてドラドンがあればこれからもいけるんじゃ…?
それは夢と変わり、これ以降から一切プラチナを獲得出来ていません

8月22日:水着イベント終了

結果は139位、やったぁ!しかし配布は月末までお預け

これでやっと一息付ける…と思ったら


曜日クエストAP半額が美味すぎる…再び地獄の周回が始まった

8月28日:激難スコアタ開始

まさに激難、初見で思ったのは「ハードじゃねぇだろこれ!」と思うほどの弾幕
ただ沢山出撃したおかげか、何度かアイテムを使用せずノーダメで突破することが出来ました
ここで一番残念だったのが配信をしていなかった&録画ミスで動画が無いことである
普通に超楽しかったので似たようなイベントを再びやってほしいですね

他のイベントの結果はこんな感じでした(なんか九月のも混じってるぞ)

8月31日:初音ミクコラボ開始

どうやら10周年ということで他のソシャゲでもコラボが多かった
てかもう十年前なのかよ…ありえん!

ガチャ動画はこちら、なにぃ!?☆5確率5倍だとぉ!?でも10周年なんだから10倍でいいのでは?















こうして8月は終わりました
ガチャ動画は他にも沢山ありましたがほとんど爆死してるので移す価値なし(大佐ほしかったなぁ…)

9月12日:遂に新章・学園編が始まる

実装された日に配信をしていたので一応動画を置いておきます

(音量バランスがメチャクチャ・タップ音が非常にやかましいのであまりオススメ出来ません…)

新しいシステム・ジャラスターモードはメッチャクチャ楽しい
しかし学園バトルは全く面白くない
ギルドバトルのように後で面白くなるんだろぉ?と思う方、本当に面白くないです
現状でも報酬を貰う為だけにやってます、このシステムを考えたのは誰だ!
これからバージョンアップするのか・・・?すぐそうして(懇願)
せめて指示とかさせて勝率が変わるとかそういうのがほしい・・・

同時に実装された学園ガチャ動画

爆死☺

9月13日:メインヒロインガチャ動画

ここから10連のガチャ運が復活!(初音ミクガチャも悪くなかったが)

9月16日:絶対カワイイ♥銀髪ガチャ

正直爆笑した、大佐しか見えない

9月18日:援護範囲スキルガチャ

なんか援護範囲ガチャは毎回☆5が出てる気が…

この後はギルドイベントのゴシックフェスタや・イベントを周回しつつ、配信をしたり動画を上げていました


9月25日:新学期ガチャ(リベンジ)

やっと学園キャラが手に入った動画です、ルベリスちゃんカワイイ

9月30日:血戒の楔 第1章~闇影の乙女の決意~イベント開始

ロザリーが主人公のために変わってしまうシナリオ(超適当)
ジャック・ハンマーのように別人じゃないか・・・まるでっ・・・!とまではいかなかったです
なんだかんだでシナリオが良かったので終章までしっかり見ました、続きが気になる・・・

ロザリー以外も血戒バージョンになりそうなので、スフレちゃんの血戒verが超見たい
絶対腹黒設定が生かされる…

ガチャ動画はこちら


ということで8月~9月までのゴ魔乙記録でした
水着イベント・初音ミクコラボ・学園編と非常に盛り上がった気がします
動画の方も追いついたので経緯は一旦終わりです、11月が終わったら再びこういった記事を書こうかと思います

それにしてもゴ魔乙にここまでハマるとはなぁ…夢にも思わなかった

「139話」鮫島、最後の十五日「感想」

『つ…捕まえたー!!』
その姿を見て少し絶望している常松…

虎城親方「鮫島の読みを力で断ち切ったか…天雷・・・」

天雷「ここがゴールだ、鮫島・・・最後に、俺の全てをありったけをお前に・・・」

『そのまま力で潰しにかかった!』
天雷としては分かっていても避けられない技を使用した、というかこれは力か…

見ていても激痛を感じるシーン、白水・石川もこれ以上はやばいと感じたようだ

それでも耐える鮫島、さらに左四つを取る

耐える、耐える鮫島…!かなり無理な状態でも徐々に天雷を後ろに追い詰める!
基礎こそが相撲の真髄、それを守って来た鮫島の足腰は尋常ではない、スタミナが切れても崩れないのだ

天雷「(もういい・・・もう削るな、止まれ…削るな…!)」
「なぜそこまで・・・なぜ・・・本当に終わってしまうぞ・・・


「何も・・・何も残す気はない・・・」


鮫島の言葉を思い出す天雷
鬼神の表情で天雷を追い詰めていく鮫島

言葉を思い出して涙を流す天雷

「わかった・・・もう・・・もう俺が・・・終わらせる・・・」

豪快に掴んだままそのまま投げに入った天雷!!!
あぁあ!?こ、この型は・・・っ


「ここ・・・」



幻 の 技 呼 び 戻 し


呼び戻し(よびもどし)とは、相手の力を利用して倒す、相撲の決まり手である。「仏壇返し」 wiki参照

度々佐藤タカヒロ先生の描くシーンには鳥肌が立ちますが、今回の呼び戻しの所はいつも以上に来ました

その手があったかぁぁぁ…鮫島、最後の十五日ではたしかこれが初なのでは?
バチバチBURSTでは何度か見た呼び戻しだったが、ここに来て炸裂

結果的に天雷は自分の力で負ける形になりました
天雷の体が完全に土俵の土についてるので間違いなく決着がついたでしょう

:鮫島の能力:
強烈なブチかまし・強靭な足腰・石川から引き継いだ突っ張り
相手の力を利用する呼び戻し・相手が次何をしてくるのか先読みすることが出来る

こうやって見ると…とんでもない力士だ…ただ体がもう…あまり考えたくないですな

いやぁ見事な取組だった…次回は取組後のお話かな?

その後は遂に王虎・百雲の取組ですね
ファンならこの取組に並ぶほど期待しているのではないでしょうか☺
全く展開は読めませんが、王虎にも何かあるのかもしれませんね…

次回に続く。

「刃牙道」第176話・屠り去る「感想」

刃牙、衝撃の殺害宣言!?というサブタイトルで始まった176話

昂昇「なんか・・・刃牙さんらしくない言葉だ・・・」
所で前から思っていたが…鎬昂昇ってこんな顔だったっけ?
なんか顔立ちが細くなった気がする、痩せたのか?それとも紅葉に整形でもお願いしたのか!?

刃牙「あまり言ったことないかもね」
なんかここの顔が妙にドヤ顔な刃牙さん

回想シーンで舞神・独歩が語る
「宮本武蔵が本物かって?そんなこたぁどうでもいい」
「肝心なのは奴の実力は十分に本物並みってことだ」

昂昇「実際に独歩さんが立ち会った相手だ、軽い言葉ではない」
「そんな天下無双を…倒す・勝つではなく…殺すと?」

刃牙「そう、殺す、葬る」

屠り去る

「いちゃいけないんだ、あの人は」
そう言った刃牙は昂昇にお辞儀をして立ち去る

まぁ今の武蔵はただの殺人犯だからな、烈との戦いは双方理解した上だから百歩譲って目を瞑ったとしても
警察官や自衛隊も殺害したのはどう考えても武蔵が悪い

武蔵はどうやらまた徳川邸から逃げ出し、下水道にいた
おい徳川のじじい、なんか対策しろ、ピクルを眠らせたクロロホルムとか、範馬勇次郎を眠らせた名射撃者でも雇え

地下にいるヘビが武蔵を襲ったが、一瞬で捕まり首を手で跳ねられ、皮を剥かれ食べられてしまう
また犠牲者が増えてしまった

というかこの下水道にはヘビの他に、大蛇・ワニが普通に住んでいる
東京の地下下水道はサファリパークと化していた…武蔵もやばいが、これもなんか対策しないと再び大変なことになるぞ

さらに歩くと動物の骨が大量にあった
武蔵「ふふ…よく食うな…」

さらに武蔵の背後には見た瞬間分かる足が見える、振り向くと…

武蔵「またでかくなったか ぴくる」
原人・ピクルの再登場である

またピクルゥ!?予想もしなかった展開だ
ただ表情を見るに、驚いてる感じだから戦う気配は感じられない…
また「ひゃんっ」と言って逃亡するかもしれないが…もう守護ってくれる人がいないぞ…

一応警察官がマンホールを確認していたから再び武蔵を対処するため出動するのか?
花山の件があるからさすがに警視総監もそんな対応は取らないと信じたい、死体の数が増えるだけだ

もしかすると、地下にクロロホルムを大量に巻く作戦を再び開始するのかもしれない
ともあれ次回でどう展開が転ぶか見ものだ、次回に続く。

該当の記事は見つかりませんでした。