芝浦ブログ

ソシャゲ・コンシューマーのレビューを中心に活動しています

「143話」鮫島、最後の十五日「感想」

『あー!当たりに勝ったのは百雲ー!』

「王虎の上をいくのか…?」

記者はそう言って驚いてるが、父親である虎城親方を見るにその心配はなさそうだ

百雲は思う
「ダメだ・・・まだ・・・ダメだ・・・」
「もっと・・・もっと・・・」

目の神経が切れ始めている・・・このままだと下手したら失明するぞ百雲!!

そんな姿を見る価値なしと言わんばかりに泡影は目を閉じている
(なんか寝てるようにも見える)

「染めろ」


『強烈なブチかましー!』

百雲の親方はその姿を見て色々な意味で後悔している

「強さのために 最愛なる者を捨ててまで進む 修羅道に」

「クソ・・・あんなもんに出会わらなければ・・・」
あんなもん=泡影

「願わくば・・・そこまで捧げた百雲の願いを、成就させてくれ・・・」


吠える百雲!このまま張りで王虎を押し切るつもりか?!





「偽者が・・・」




パーンッッッッッッッッッッ


百雲の鼓膜が破れた
さらにカチ上げで一気に立場は逆転、てか王虎の表情に震えた・・・
貫禄がありすぎる・・・やはりワザと喰らってたようです、全くダメージが入っていない



体が吹き飛ぶほどの威力を受けても堪える百雲、さすがに王虎も少し予想外だったようだ


「に・・・せ・・・も・・・の・・・だ・・・と・・・・」



「殺して・・・やる・・・・・・」


血の涙を流す百雲 


オイオイオイ・・・これもう相撲じゃねぇよ・・・
目に力を入れすぎて血を流したのならまだわかるが
血涙の場合はもう百雲は人間の領域を完全に超えた、泡影が神なら百雲は鬼神と言った所か

悲しみの果てに流す血の涙、百雲は何を思う・・・

次回に続く。

「偽者」という言葉、かつて虎城親方に言った言葉でしたね
つまり百雲はやはり非情になり切れてないことを分かってるようです、演じてるに過ぎないということですね
今の百雲は間違いなく一人暮らしをしてるはずなので(じゃないと弟子が眠れない・・・)
もしかするとその背景には、日々苦悩している百雲の姿があるのかもしれません・・・

かつて王虎が唯一頭が上がらない相手が百雲だったことを見るに、非情を演じてる百雲の相撲はつまらないのでしょう

スポンサーサイト

スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。