芝浦ブログ

ソシャゲ・コンシューマーのレビューを中心に活動しています

「第144話」鮫島、最後の十五日「ネタバレ」

センターカラーで王虎が登場!不気味でありながら美しい・・・


「殺して・・・やる・・・」

怒りを通り越し、鬼神となった百雲が猛攻撃!
泡影を殺す(倒す)為に全てを捨てた百雲にとって、偽者呼ばわりされたらたしかにキレますな
てっきり相撲のルールを忘れて拳を握るのかと思いましたが、ちゃんと相撲を取ってます

「どの口で俺を偽者と呼ぶ…」

「テメーごときに・・・俺の何がわかる・・・」

百雲の強烈な張りを喰らう王虎だが、それでも突っ張り返しをする王虎

張りを喰らってもやはり耐える百雲、この気迫はたしかに鮫島と似ている…

張りの連鎖が続く中、百雲は王虎の手首を掴む
それを見た親方は常松との取組で行った腕の破壊を思い出す

「やっ・・・やめろ百雲・・・!」

そんな親方の言葉とは裏腹に、恐ろしい笑みを浮かべる百雲
マズいぞ!これは非常に不味い!



パキャッ


折れた音が響いた・・・が

百雲がやろうとした行為は、カウンターの如く王虎にやられ百雲の腕が折れました
昔とは違い躊躇なく折った王虎だが、相手が相手なので仕方ないですね

チープなんだよ・・・テメーは・・・」

そう言った王虎は非常につまらなそうな表情、折った腕を簡単に離す



『ん゛ーーー・・・ ん゛ーーー・・・・ ん゛ー・・・・!』
百雲の唸り声が国技館に響く、怖すぎる・・・これ相撲ですよね?

「がぁぁぁぁぁぁ!」

折れた左腕にも気にせず、右腕のみで王虎に突っ張る!
そんな姿を見て王虎は百雲に告げる

「チッ・・・くだらねーことに付き合わせる・・・」

「テメーじゃ届かねーのさ・・・泡影には・・・」

「終わってるのさ・・・わかってんだろオメーも・・・」

「相手を壊すことも自ら苦境に立つのも ただの自傷


「そんなもんは 覚悟じゃねぇ」

王虎の強烈なかち上げを喰らう百雲ッ、耐える・・・耐えるが・・・
今までとは違い、王虎の言葉が図星だったのか…今にも心が壊れそうな表情をしていた
やはり百雲も気づいていたんでしょうね…
ここまで誰にも言われなかったから、今の自分は間違ってないと思ったんでしょう


「死に場所を求める死にぞこない・・・」

「それがテメーだ」

『王虎がマワシを取りにいったー!』

百雲は思う

「やめてくれ・・・」

「俺から相撲を・・・奪わないでくれ・・・」

「俺にはもう・・・相撲しか・・・」

「他には・・・何も・・・もう・・・何も・・・」




『道明さんなら・・・大丈夫だよ・・・』


かつて恋人の言葉が、百雲に何かを気づかせる
その時の百雲は血涙ではなく涙を流していた、そして表情が・・・こ、これは・・・

王虎が回しを取る前に、百雲が組んだ!

その光景を見た記者は思い出した

「あ・・・あれは・・・」

「泡影を倒した あの時の・・・」

「百雲(以前)の形・・・!」


『錆が抜けて…』

百雲、遂に本来の相撲スタイルに戻ったか!?
これにはさすがの王虎も驚いているはずだ、もしかするとそう仕向けた可能性もあるにはあるが・・・
泡影との取組では見ることが出来なかった数々の技が見れるかもしれない!

かつて角界の良心と呼ばれ、綺麗な相撲を取っていた百雲に戻る可能性が出て来た!

ここからが王虎と百雲の本当の取組が始まりそうですね!
ただ左腕が使えない百雲はどう対処するか・・・そのハンデを背負っても王虎を追い詰めることが出来るのでは?

それほど本来の百雲は強いかと思います、かつて王虎も認めていた実力者だったんですからね
だからこそ今の百雲を見てつまらないと感じていたんでしょう・・・

次回が楽しみでしょうがないですね、百雲がどのような相撲を取るのか気になってしょうがないです

次回に続く。


王虎のセリフ、恋人のセリフにはじ~んと来ました…

スポンサーサイト

スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。