芝浦ブログ

ソシャゲ・コンシューマーのレビューを中心に活動しています

「第146話」鮫島、最後の十五日「ネタバレ」

『勝ったのは王虎ーー!』

百雲、最後に渾身の押しを見せたが終わってみれば王虎に圧倒されてしまった
「文句なしの圧勝で無傷の11連勝」となった、強すぎるッッ

完膚なきまでに負けた百雲に対して王虎が言う

「どれほどのものか多少期待していたが」

「しょせん何かを捨てなければ 何かを手に出来ない奴なんてこの程度」

「俺がほしいのは もっと貪欲で強欲な 純粋さ」

「お前のようにつくったものじゃなく、喰うか喰われるか…ギリギリのせめぎ合いだけが」
「俺を高みに上げる・・・」

「求めるのは・・・鮫島とのあの一番・・・」

「腹の足しにもならねーよ・・・テメーのレベルじゃ」


バッサリと百雲を斬った!が百雲はその言葉に納得している様子
欲の為に何かを捨てた者は、それと引き換えに得た物より大切な物を無くしたり、忘れたりしてしまう
現実でも実際にある現象ですね・・・
それにしても百雲の表情、角界の良心の頃に戻っています!いやそれ以上になったのか・・・?

記者は取組の結果を見て分かったことがある
「似ていたのは百雲じゃない…王虎の引き上げる力こそ鮫島と同じではないか

たしかに百雲の闇堕ち状態は鮫島と似た粘りがあるが、引き上げる力や純粋の気持ちはなかった
腕が折れても勝とうとする信念だけは引けを取らない感じですね

続いて虎城親方もこの取組を見て思いました

「負ける訳にはいかなかっただろう・・・」

「いや、負ける訳がなかったと言うべきか・・・」

「百雲の相撲は王虎・・・お前が通り過ぎた道」
「鮫島との一番が無ければ・・・今の王虎はなかっただろう・・・」

その通りですね…闇堕ち王虎と百雲はあまりにも似ていた
もし鮫島がいなければ王虎も同じく泡影に呑まれて百雲のような闇堕ち状態になっていたでしょう
それ以上かもしれないと思うと怖いな・・・

「百雲にもそういったキッカケがもう少し早ければ・・・百雲もまた違った答えを出したかもしれんな・・・」

・・・ん?もう少し早ければ・・・と言うのは一体・・・
ちなみに観客は怒涛の手のひら返し、チョロすぎだろ!
お、俺はまだ常松にした行為を許したわけではないから(震え声)

新発田の親方は嬉し涙を浮かべて「良い相撲だった」と言った
そして百雲の表情は、笑顔こそあるものの・・・とても儚い姿だった

「今までご迷惑を・・・おかけしました・・・」


「もう・・・疲れました・・・これで俺は・・・」



「終わります・・・」


まさかの引退宣言・・・マジかよ!
付け人も同じく「まだこれから」と言うが・・・

「いや、俺は終わってたんだ・・・あの泡影戦で・・・」
「それを王虎のおかげで飲み込めた」

「それどころか・・・泡影戦以上の力を・・・自分の能力以上の力を最後に出せた
「その上で王虎は俺を叩き潰し、ちゃんと殺してくれた・・・」

「アレ・・・器が違う」

百雲が見た視線の先には、泡影に力水を渡している王虎の姿
なんと美しい描写・・・絶対にこれは雑誌で見た方がいい・・・

その姿はあまりにも壮大で、会場全体に場の空気が変わるほど

記者は身震いしていた
「負けてないのか・・・あの横綱を前に、王虎の存在感は」

百雲「最後の相手が・・・王虎でよかった・・・」
虎城親方が言っていた「もう少し早ければ」の言葉は、もう手遅れだったと言うのか・・・
以前王虎に完全敗北したらその場で髷を切ってほしいと言ったが、違う形であれ引退することになる
そういえば百雲は何歳なんでしょうか・・・百雲の姿を見て竹虎さんを思い出しました
もしかすると年齢も関係してそうですね

『引退を決めた力士の目は安堵に包まれたような優しさが宿るという・・・』
『百雲の目にそれを見た親方の新発田は 何も言わずそれを了承』

ふむ・・・そう考えたら最後の最後に百雲は救われた感じですね
豚フグエンドにはならず相撲の世界から足を洗えたようです

『そしてこの日 百雲は引退届を提出した』

百雲が国技館を去る際に、かつての恋人の姿があった・・・本当に報われたな・・・

『後悔なき相撲人生』

こうして王虎と百雲の取組は終わりました、いやぁ~凄かった・・・
やはり王虎の現状の力を見せる取組でしたが、百雲が元に戻るのはあまり想定してませんでした
終わってみれば百雲の更なる先が見たかったが本音ですが…リアルでも同じようなことが良くある気がします
百雲も大変満足した様子なので悔いはないでしょう、これからは恋人と末永くお幸せに。

ちなみに羽織のがしゃどぐろは健在でした、表情が変わっただけで全然似合ってねぇ!
折角なのでそれも大切に保管して下さい、ある意味大変貴重な代物なので☻

スポンサーサイト

スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。