芝浦ブログ

ソシャゲ・コンシューマーのレビューを中心に活動しています

「刃牙道」第184話・絶技「ネタバレ」

モブ「見えない・・・ ジャブか? 一発で倒したんだ・・・!」

武蔵、ぶっ倒れる!正中線五段突きをモロに喰らったようなもんだから不思議ではない

克己「違う・・・」
独歩「三発だ」

郭海皇「三つが一つにしか聞こえぬほど 超高速の「段打ち」」

海皇じいちゃん、汗流してるけどバキワールドなら超高速は別に珍しくないような・・・
マッハ突きよりも早いのか…?

渋川先生「果たしてこの会場に 今の「刻み突き」を三発と見える者が何人いることか・・・」

普通の人じゃ見えませんな・・・てか見える時点でおかしい
ジャックだけ頭上に?マークがありそうな気がします

とここで回想?シーン、アメリカンなおっちゃんが登場だ!
『ボブ・マンデン 伝説のガンマンである』

解説が非常に長いので省略しますが、実際の動画を見て愕然
バキワールドからリアルに迷った人なのか?!というほど超人でした

取り敢えずバキも似たようなモノを持っているようで、さらにゴキブリダッシュが加わったことにより

『以上 3種 現代格闘技術を 同時多発駆使』

えぇ~・・・未来格闘技術の間違いなのでは?まずゴキブリダッシュの時点でおかしい
刃牙なら納得するしかないか、半場投げやり状態です

昂昇「見事・・・見事な先端操作だ・・・」
紅葉「それもそうだが・・・今・・・刃牙さん・・・」

「なんか・・・消え・・・」

やっぱ人間じゃねぇ!

『戦国には存在しない技術 武蔵には・・・』

『新しすぎたか?』

新しいってレベルじゃねぇぞ!もう突っ込むのも疲れました・・・

武蔵「たった今倒れていた際・・・幾度かは仕留められた筈・・・」
文字が少し弱々しい、武蔵にかなりのダメージが入っているのは間違いない、汗も尋常ではない
見る限り一番痛そうな部分はやはり金的 水月辺りのもう痛みは引いてそうだ

刃牙「へっ そんな冒険はしないよ 仕留めるなら」

「動きながらがいい・・・・・・」

武蔵の戦いをこれまで見てきた刃牙にとって、動いていない武蔵が一番危険なのは知っていた
郭海皇並みの擬態を持つ武蔵だから仕留めるチャンスと思っていても絶対に油断出来ない
ここの判断は素晴らしいですな

武蔵「はは・・・有難い 金的を上から叩いた」

「下から打たれたら もう・・・終わっていた」

範馬家の金的攻撃はどの攻撃よりも痛いですからねぇ…想像するだけで恐ろしい
金的ばかりを描写しているので、上段・中段打ちはもうダメージがない模様

と、ここで刃牙のゴキブリ蹴りが炸裂!人には見えない攻撃だから再び武蔵にダメージが・・・

避けた!&反撃をした!

これには動揺を隠せない刃牙

武蔵「よし見えた いざ組み打たん」

『もうゴキブリ拳は 効かない・・・ッッ』

やはり武蔵もまた、一度見た技はもう通用しないのか…
しかし超人の方であるボブ・マンデンの解説を見るに分かっていても避けられないはず

人外VS人外、ここからが本番か・・・ッ
次刃牙が何をするのかは非常に期待出来る、ゴキブリを超える速さで行くのか・・・それとも力?
うーん読めない・・・

スポンサーサイト

スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。