芝浦ブログ

ソシャゲ・コンシューマーのレビューを中心に活動しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

「第148話」鮫島、最後の十五日「ネタバレ」

『因縁の相手・王虎を前に鮫島は・・・』

お互いの表情がヤバイ、今までのシリーズよりヤバイ

常松「この人はこんな時まで王虎の前だと意地を張る・・・」
鮫島と王虎はお互いを特にライバル視してますからなぁ、思ってない人が多いかもしれないが

「鯉太郎さん落ち着いて・・・大関も・・・今は勘弁して・・・く・・・ださいよ・・・」
常松が必死に鮫島を守ろうとしている、しかし王虎のキレ具合が尋常じゃないので常松ですら恐れている


鮫島「どいてろ・・・ 誰も・・・入るな・・・」



ガン!!!!!!



王虎、壁を破壊したのかと錯覚するほどの壁ドン!いや壁ガンか

王虎「その様で・・・俺の前に立とうってのか・・・?」
今の鮫島はその場でぶっ倒れそうな状態…王虎にとって残念でしかならない
そういった怒りが込められてますね

ここからは鮫島の回想シーン

鮫島「そう・・・テメーは・・・いつも・・・」

「最初から・・・」

「そうやって・・・」

「圧倒的な力で・・・圧倒的な存在で・・・」

王虎が新入幕、鮫島はまだ幕下だった

記者「同期の王虎が入幕したけど、幕下時代のライバルとしてコメントある?」

鮫島「待ってろ・・・ボケ」

「テメーは・・・いつも・・・」

鮫島、十両に昇進

と、同時に王虎は無傷で新三役の小結に・・・
逆に鮫島の体はボロボロで休場・・・

そして関脇になる王虎

「いつも・・・」

勝ってもそれ以上な代償を払っている鮫島・・・

現場では鮫島の闘気が漲っていく・・・気が高まっているのか・・・?!

王虎「謹んでお受けいたします 大関の名を汚さぬよう・・・」

鮫島、休場

「テメーは・・・テメーは・・・いつも・・・いつも・・・」




「つかまえたぞ やっと・・・」



復ッ活!鮫島復活!復活!
なるほど、最初は王虎の姿を見て羨ましいのかと思っていましたが
それ以上に再び戦えないことに憤りを感じていたんですね・・・
長い月日が経ち・・・遂に王虎の足を捕まえた鮫島、ぶっ倒れる場合じゃねぇということかッッ

王虎「クッ・・・」

「ハハハハハ!!」

「機がきたみてーだな、鮫島鯉太郎!!!」

復活した姿を見た王虎は非常に良い笑顔で大歓喜!
疲労困憊では無くなった鮫島と戦えることに嬉しさが雑誌越しでも分かる!

「明日は・・・俺に食われて死ね・・・」

王虎は鮫島を喰らって泡影の領域に入るつもりだ
鮫島の姿を見るにこれが最初で最後のチャンスだと思った言葉かもしれない


鮫島「喰うのは俺だ・・・王虎・・・」


言葉を返した鮫島、次回に続く!
先週も言いましたが明日の相手が王虎というのが信じられませんね・・・
鮫島には泡影と同じ「何か」を手にしている、一体どんな取組なのか・・・楽しみでしょうがない

しかしながら今日の夜が怖いな・・・椿とのやり取りと親方の言葉が不安要素です
多分椿の言葉には納得して「今場所で最後にする」って鮫島が言いそうな気がします
親方はどう捉えるか・・・「どうすんだ」が出る可能性もありそうな・・・
ただ親方も鮫島の神がかった四股を見たので何も言わずに王虎と戦えるかも

とにもかくにも来週は恐らく椿との会話なので気になりますね


そういえば残りの三日、鮫島は誰と戦うのだろうか
泡影・猛虎は確定だとして、あと一人は誰だろう・・・
白鯨力は天雷と戦ったし、百雲は引退・・・天鳳か明王山か?
うーんあまり想像できない・・・となるとまだ紹介されてない「誰か」かも
かつて佐藤先生の前作品「いっぽん!」も突如最強のラスボスが登場した
幕内土俵入りでは紹介されていないもう一人が現れるかもしれない

とは言っても泡影を倒すのは猛虎だと勝手に予想しているので楽しみにしておきます

スポンサーサイト

スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。