芝浦ブログ

ソシャゲ・コンシューマーのレビューを中心に活動しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

「刃牙道」第187話・引き出し「ネタバレ」

先々週の一行感想:究極の読み合い
先週の一行感想:バキ、「無刀」で斬られる

ということで今週からしっかりやります(

読み合いを制したのは・・・「武蔵」!!

守護「ほぼ間合い0からの斬撃・・・それにしても・・・あの間合いで斬るかぁ~~~~~・・・」

バキがワザと喰らったとまだ思ってるのでなんとも言えませんが・・・
ほぼ間合い0から斬撃って武蔵の挙動が見えないほど速いはず 現在バキの速度と同等かそれ以上かッ
ここでナレーションが入る

『少年は感じていた』

『斬られた!』

『物理的には斬られていない 実際には斬られていない』

『なのにどうだ!?』

独歩「あれは・・・」
渋川先生「効くんだあれは・・・」

ちょっと待ってほしい、今更かもしれないが独歩の服が完全に893スタイルすぎないか!?
そう言えば過去のシリーズでも危なそうな服を着てたような・・・まぁそれはどうでも良いか
二人のセリフの下り・・・これは逆に喰らっていない可能性がある

『抗おうにも 抗いきれない 絶対の「斬られた!」感ッッ』

『自己が否定しようにも 肉体が認めてしまっている!』

武蔵「近間は俺も好きだ」

ふと武蔵はバキの腕を掴む、すると・・・


ごちゃっ


持ち上げられていたバキ!そして咆哮!
恐らく肩を外されたか!?なんか無刀で斬られた時より痛そうだ!
っと思ったら違った!範馬家に伝わる秘技・金的だった
よく見たら右膝でバキの金的を蹴っていました☺
倒れるまでは行かなくてもバキが敵に背を向けるほどの痛みだった、普通なら失神してもおかしくない

武蔵「ふむ」

逃げ惑うバキを見て再び武蔵、無刀を召喚する。

そしてバキの胴体を真っ二つ


恐ろしいほどにバキがバラバラになる描写が・・・
その後謎のタックルをする武蔵

紅葉「タックル?!」
千葉「喧嘩じゃん・・・」
独歩「なるほど・・・」

独歩は納得している、俺にはサッパリだから教えて独歩ちゃん!



「俺も見ていない 新しい「引き出し」だ」

「現在に伝わる「戦」の現場での宮本武蔵」

「切り結ぶ だけでは済むハズもなく」

「斬る 突く 刺す 締める 投げる!」

本部以蔵「素手の武蔵は強くない そんな奇跡は期待しないほうがいい・・・」



独歩の代わりに本部以蔵先生が教えてくれました
ここで今週は終了、本部の回想シーンでは関ヶ原の戦が描かれていた
要するに武蔵は斬るだけではなく、普通の腕っぷしも異常なほど強いということだ
別の漫画であるバガボンドでも斬る以外でも人を殺傷していたからそこまで不思議ではないかもしれない
(初めて人を殺した時は素手だったような・・・)

今週はやられるだけやられたバキだが・・・さてダメージはどうだろうか
なんか腑に落ちない、まともに喰らったのは金的ぐらいでは?と思ってしまう
タックルされた時バキの目が完全にイってたのでダメージはあったの・・・か?

次回からケロっとしたバキが見れると勝手に予想、本物で斬られなきゃフェアじゃないとか言いそう

スポンサーサイト

スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。