芝浦ブログ

ソシャゲ・コンシューマーのレビューを中心に活動しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

「第151話」鮫島、最後の十五日「ネタバレ」

先々週の感想「夫婦喧嘩、やはり今の鮫島を止められるわけがない・・・やはり無茶だったか」
先週の感想「親方の「どうすんだ」が出る前に泡影と同じ?四股を見て言うのを止めた!マジかよ!」
「仁王でも止められないとなると本当に誰も止められないだろこれは・・・」
「さらに王虎がかつて虎城親方が全盛期の頃に言ったセリフを言った所、震えた・・・」

そして今週

『九月場所も十二日目 いよいよ終盤を迎え土俵上の熱もますます上がっております!』

いよいよと本当に終盤、残り三日は鮫島にとって長すぎるが、王虎によって奇跡の回復
これならなんとかいけるか!?

『横綱・泡影の連勝記録もさることながら 本日はなんと言っても』

『優勝にも絡むであろう二人の全勝力士の直接対決』

『黄金世代と言われている 王虎 鮫島!!この大一番に注目が集まっています!』

まさか十二日目で戦うとは夢にも思っていなかった鮫島と王虎、オラァワクワクが止まらんぞ!?

とここで場面が変わり宝玉光!?どうやら寺井が取組が見たく帰りたくないと捏ねていた

宝玉光「チッどうせ鮫島と王虎だろ・・・」

寺井「はい、宝玉光関も一緒にどうですか?」

「ふざけんな!誰が見るかバカヤロー!」

プンプンしながら帰る宝玉光、果たして本当に帰るのかな・・・?

そして渡辺のシーンに変わる、弟弟子にかつての武勇伝を言っても誰も聞いてくれない
まぁ仕方ないね・・・関取であればもっと話が盛り上がっていたかもしれないが・・・
周囲が冷たい反応だったため少ししょんぼりしている、かわいそうだ・・・

そんな時に「角界のお母さんこと稲虎こと田上さんだ!」

田上「一緒に見ないか、渡辺」
渡辺「嫌なとこ見られたな・・・カッコ悪いよね昔のこといつまでも・・・」

しんみりしてしまうなぁ・・・家族のためにも関取になってほしいな・・・
そう言えば天才君の毘沙門はどうなってるんだろう、ブルブル震えて廃人状態になっているんだろうか

そして蒼希狼、大山道兄貴からどちらが勝つか聞いている、その答えは・・・

「俺の方が強い!!!」

その姿を見て可愛く悪う大山道兄貴、こっちもお母さんかな?

「大関」 「鯉太郎さん」

「そろそろ・・・」「出番です」

付け人が二人に時間を告げた!昨日の鮫島とは思えないほどの目が生きている!


『これは痛い!天雷痛恨の三敗目!』
『昨日の鮫島戦は激闘でしたからね・・・さすがに疲れが出てたのではないでしょうか…』

あー大関の道が・・・しかし百雲が引退したからまだワンチャンあるのか?
負けた天雷の先には王虎がいた

天雷「俺は・・・」

「俺は鮫島の隣に立っていることは出来なかった・・・」
「躊躇なく振り切ってくるアイツについてけなかった・・・」
「引いてしまったんだ・・・鮫島の覚悟に・・・俺は鮫島を土俵で一人に・・・孤独にさせてしまった・・・」

天雷、まだ思っていたのか・・・優しすぎるだろ・・・
その天雷のセリフにクスっと笑う王虎

王虎「テメーより鮫島の器が上で、あのバカにお前が喰われちまった・・・それだけだろ・・・」

お、王虎が天雷を慰めているだと!?直接的ではないにしろ深く考えすぎている天雷を救う言葉だ!
その王虎の言葉によって天雷の目に輝きが戻った

「喰ってやるさ 鮫島の全部を・・・」

「それが許されるのは・・・俺だけだ・・・」

かっこよすぎるセリフを言って土俵に向かった王虎だった、格が違げぇ・・・

対する鮫島、その先には石川が立っている
石川と同じ病・・・下手すると死ぬ可能性がある鮫島を止めることは・・・

鮫島「いかねーとよ王虎が待ってっから・・・」

やはりダメだった、椿にも親方にも止められない鮫島・・・王虎しかいないか!?

石川「ガキみてーな目しやがって・・・バカヤローが・・・」

「勝てよ!!鮫島!!」

鮫島「ありがとよ・・・石川・・・」

止められないのであればもう激励しかない!鮫島、遂に土俵へ!

『いよいよ運命の一番です!!』

次回に続く。

来週、遂に見れる王虎と鮫島の取組・・・十二日目で見れるとは思わなかったけど気になって仕方がない
どちらが勝つか・・・全くわからん!

スポンサーサイト

スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。